騎馬像

観光

国際センター駅

2018.4.18

伊達正宗が築いた【仙台城跡】伊達62万石の歴史を見に行こう!

仙台観光の定番スポットと言えば、「仙台城跡」ではないでしょうか。仙台藩の初代藩主である伊達政宗が築いた居城跡として、多くの観光客が訪れる場所です。仙台城のあった青葉山には仙台市博物館もあり、伊達家から…

仙台観光の定番スポットと言えば、「仙台城跡」ではないでしょうか。仙台藩の初代藩主である伊達政宗が築いた居城跡として、多くの観光客が訪れる場所です。仙台城のあった青葉山には仙台市博物館もあり、伊達家から寄贈された多くの貴重な品々を見ることもできます。

【仙台市博物館】伊達家にまつわる貴重な資料や文化財を見に行こう!

天守台から大パノラマ

仙台城跡 パノラマ

仙台城跡の天守台広場から、北は泉ヶ岳の山々を、南は名取市や太平洋まで見渡すことができます。

伊達政宗騎馬像は2代目!?

騎馬像大

天守台にある伊達政宗の騎馬像が設置されたのは1935年(昭和10年)。伊達政宗没後300年を記念して設置されました。その後、1943年(昭和18年)戦時中に金属類回収令により撤去されてしまいます。そして戦後、頭から胸の部分だけが発見され、現在は三の丸跡地にある仙台市博物館の庭園に設置されています。

仙台市博物館にある初代騎馬像にあった伊達政宗公。現在は胸像として設置されています。現在の騎馬像は、同じ型から造られた2代目という事になりますね。

仙台城跡へは「るーぷる仙台」の利用がおすすめです

仙台市中心部の観光スポットを周遊している観光バス「るーぷる仙台」。伊達政宗にまつわるスポットの瑞鳳殿や大崎八幡宮等も回ることができます。ここ仙台城跡にある「青葉城資料展示館」の入館料が割引になるなどの特典もついていますので、仙台市内を観光される方は「るーぷる仙台」を使ってみてください。

観光バス【るーぷる仙台】で仙台市内をぐるっと観光しよう!

青葉城資料展示館

青葉城資料展示館

天守台のすぐそばにある資料展示館では、仙台城の復元模型や鎧兜、刀など戦国時代当時の様子を知ることができる資料が展示されています。

青葉城址

仙台城の精巧な模型が展示されています。このころの街作りは今の仙台市の基盤となっていて、橋の場所なども大きく変わってはいません。

仙台城跡 鎧

戦国時代に実際に使用されていた鎧兜で、鉄砲の弾痕なども見ることができます。

仙台城跡 刀

近年、若い女性にも戦国武将や日本刀の人気が高まっていて、資料展示館にも多くの方が訪れているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は仙台城跡についてご紹介いたしました。残念ながら当時のお城などは残っていませんが、アクセスも便利で周りにも多くの観光スポットがあります。伊達政宗をはじめとした、伊達家の歴史等に興味のある方にはぜひ来ていただきたい場所です。仙台に訪れた際には、ぜひ仙台城跡へ行ってみてください。

名称仙台城址
住所宮城県仙台市青葉区川内1
電話番号022-222-0218
営業時間入園自由 青葉城資料展示館9:00~17:00
定休日年中無休
平均予算青葉城資料展示館 個人:大人700円、中高生500円、小学生300
クレジット利用不可
最寄駅るーぷる仙台「仙台城跡」
行き方るーぷる仙台「仙台城跡」下車すると目の前が入口です
駐車場有り

観光

2018.4.18

【日本三大瀑布】絶景!仙台の名所・秋保大滝を見に行こう!

仙台駅から車で約1時間のところにある日本三大瀑布と呼ばれる「秋保大滝」。日本の滝百選に選ばれ、国の名勝にも指定されています。高さ55mから流れ落ちる豪快な姿を一目見ようと、毎年多くの観光客が訪れていま…

仙台駅から車で約1時間のところにある日本三大瀑布と呼ばれる「秋保大滝」。日本の滝百選に選ばれ、国の名勝にも指定されています。高さ55mから流れ落ちる豪快な姿を一目見ようと、毎年多くの観光客が訪れています。

今回は、そんな「秋保大滝」の豪快さをみなさまに紹介します。

まずは「秋保大滝不動尊」でお参り

秋保大滝不動尊

秋保大滝に隣接する「秋保大滝不動尊」こと「滝本山西光寺」。平安時代の僧「慈覚大師 円仁」が秋保大滝で100日間修行をし、山形の立石寺を開山したと言われていることから「立石寺の奥の院」とも呼ばれています。

この「秋保大滝不動尊」ですが、欄干のどこかに『鯉』が彫られているそうです。その『鯉』を見つけた人は、良縁に恵まれると言われています。訪れた際にはぜひ探してみてください。

山道を下り、滝壺へ

秋保大滝不動尊の裏手から階段を下り進むと滝の姿を上から見ることができるのですが、今回の目的地はそこではありません。さらに進み、茶屋の前を通り山道に入っていきます。

山道

看板通りに進むと、こんな山道に出ます。まるで獣道です。

けもの道

右手に看板を見つけました。近寄って見てみると……

けもの道アップ

「不動堂 近道」とあります。まさか「秋保大滝不動尊」からの近道があったとは……! 「帰りには見失わないようにしよう」と思いながらさらに下ります。

日本三大瀑布「秋保大滝」

秋保大滝 中

山道を下り、橋を渡ってさらに山道を下ると「秋保大滝」が見えてきました。55mの高さから流れ落ちる水の勢いで、とても激しい水しぶきが舞っています。

滝壺

さらに近くに寄ってみました。ますます水しぶきが激しく、風も吹いています。ここ秋保大滝が「マイナスイオンの発生量 日本一」と言われているのも納得です……!

秋保大滝 川

滝壺まで行く場合は遊歩道を下ります。

かなり距離が長く、斜面もとても急で、滝壺から飛んでくる水しぶきで足元がぬかるんでいるので、汚れてもよいスニーカーなどで来ることをおすすめします。

秋保に行ったらお土産は「さいちのおはぎ」

おはぎ

秋保の温泉街にある「主婦の店 さいち」。テレビをはじめ、さまざまなメディアで紹介され、多くの方がこの「おはぎ」を求めて訪れる有名なお店です。

主婦の店 さいち

週末、平日問わず多くのお客さんが「おはぎ」を買いに訪れ、1日5,000個以上売れることもあるそうです。

その味は、甘さ控えめでどこか懐かしい素朴な味。1パック3個入りで販売されていますが、店頭に並ぶと同時にお客さんが手に取り、あっという間に売り切れてしまいます。

主婦の店 さいち
住所 宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師27
電話 022-398-2101
営業時間 9:00~19:30

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は日本三大瀑布のひとつ、秋保大滝についてご紹介しました。春には鮮やかな新緑が広がり、秋には紅葉で色づく木々がまた違った景観を見せてくれる素敵な場所ですので、ぜひ一度足を運んでみてください。

名称秋保大滝
住所宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝西向
電話番号-
営業時間-
定休日-
平均予算-
クレジット-
最寄駅-
駐車場有り
仙台大観音

観光

2018.4.18

【仙台大観音】仙台市内を一望もできる!気になる見どころまとめ

仙台市泉区の中山にある「仙台大観音」。仙台に住んでいる方や、仙台に来たことがある方であれば、おそらく一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。仙台駅から車で30分ほどの場所にありますが、その大きさ…

仙台市泉区の中山にある「仙台大観音」。仙台に住んでいる方や、仙台に来たことがある方であれば、おそらく一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。仙台駅から車で30分ほどの場所にありますが、その大きさから仙台駅前の高層ビルの展望台からもはっきりとその姿を確認することができます。

今回は、この「仙台大観音」についてご紹介します。

仙台大観音 概要

仙台の街を見守る、とても大きな観音様。それが「仙台大観音」こと、「仙台天道白衣大観音(センダイテンドウビャクエダイカンノン)」です。

台座を含めたその高さは、なんと100mもあり、茨城県にある牛久大仏に次いで日本で2番目の大きさを誇ります。

仙台観音が鎮座する中山の開拓をしたひとりの熱心な信徒が「自分が成功できたのは観音様のおかげである」と信じ、仙台市内を一望できる場所に仙台の中心である仙台駅を見つめるように1991年(平成3年)に建立しました。

名称 仙台天道白衣大観音
所在地 宮城県仙台市泉区実沢字中山南31番地の36(大観密寺 敷地内)
参拝時間 夏季(5/1~10/31)10:00~16:00
冬季(11/1~4/30)10:00~15:30
参拝料金 参拝無料。
ただし、参拝には守護札が必要(高校生以上 ひとり 500円)

観音様の胎内へ

大観音入口

さっそく観音様の足元から入り口へと進みます。階段を上り、「龍の口」より中へと進みます。

大観音 模型

中に入ると、観音様の模型とともに参拝順路が書かれている案内板が目に入ります。

観音様の内部は12層に分かれていて、1階から2階へは階段で、2階からエレベーターで12階まで上がり、そこから螺旋階段を下っていきます。

十二神将と三十三観音

受け付けを済ませると、まず見えてくるのは「十二神将」(右)と「三十三観音」(左)。

「十二神将」は信仰者を守護する十二体の武神で、菩薩時代の薬師如来の分身とも言われています。干支の守護神でもあるので、自分の干支の神将に無病息災や開運招福を祈願するといいそうですよ。

「三十三観音」は信仰者の悩みに応じて、帝釈天や毘沙門天などの姿になって迷い苦しんでいる人間を救ってくれると言われています。

ここを通り過ぎた先にある階段で2階へ上がり、そこから更に12階までエレベーターで上がります。

仙台観音の心臓部「御心殿」

御心殿

12階にある「御心殿」は地上68mにあり、観音様の心臓部にあたる場所です。金色に輝く塔には、仏教最高神で全ての命の根源とされる「大日如来」と、人々の願いを聞き届けてくれる宝の珠「如意宝珠」が安置されています。

御心殿のまわりの通路には小窓が設置されており、外の景色を眺めることができます。

観音様からの景色 北西

雲がなければ、泉ヶ岳まではっきりと見渡せます。

この写真では分かりにくいですが、東側からは海まで見渡すことができます。

煩悩を打ち払え!「百八胎内仏」

百八胎内仏

11階から3階まで続く「百八胎内仏」。各階に12体、合計108体の仏像が祀られています。

「108ある」と言われる人間の煩悩を、仏像を拝み、ひとつひとつ打ち払いながら進むことで、仏の教えである「悟り」に近づいてほしいという願いが込められています。

千手観音

108体の中には、馴染みのある千手観音や

仙台白衣大観音

仙台白衣大観音も祀られていました。

胎内

緩やかな螺旋階段で降りていくのですが、途中にあるエレベーターで降りることもできますし、ベンチで一休みすることもできます。自分のペースに合わせて参拝しましょう。

御朱印

大観音 御朱印

仙台大観音や大観密寺で御朱印の受け付けをしています。参拝の記念にぜひ!

御朱印:300円

縁結びの「油掛け大黒天」

油掛け大黒天 参道

縁結びご利益が有名の大黒天は「仙台大観音」の建立以前からこの地に鎮座していて、その参拝方法が珍しいことから多くの参拝者が訪れます。

油掛大黒天

大黒天様の両脇にある柄杓を使い、直接油をかけて拝む「浴油の作法」で良縁を願います。こちらにもぜひ、訪れてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した「仙台大観音」は、海外の映画撮影に利用された影響か、最近では外国人観光客が増えてきたそうです。海外の方にはどのように見えているのでしょう。ちょっぴり気になりますね!

取材当日は桜が咲き始めたころだったのですが、観音様の内部は吹き抜けだったため少し肌寒く感じました。12階まで上ったあとは下に降りるまでトイレがありませんので、参拝の前に済ませておくことをおすすめします。

名称大観密寺・仙台大観音
住所宮城県仙台市泉区実沢字中山南31番地の36
電話番号022-278-3331
営業時間参拝時間   夏季5/1~10/31 10:00~16:00   冬季11/1~4/30 10:00~15:30
定休日-
平均予算500円
クレジット-
最寄駅仙台駅
行き方仙台駅から仙台市営バスを利用し仙台大観音前で下車すると、すぐ側に入口が有ります。
バスは3系統あります。
・815系統 西中山行
・825系統 西中山行
・X910系統 市営バス実沢営業所前行
駐車場有り

大崎八幡宮

観光

北四番丁駅

2018.4.17

国宝 大崎八幡宮をご紹介!伊達政宗により創建された仙台の総鎮守!

仙台の定番観光スポットのひとつ「大崎八幡宮」。伊達政宗の命により創建されたその社殿は桃山文化の粋を尽くした建物で、贅沢で華やかな装飾がされています。仙台の総鎮守として、400年以上前から杜の都を守って…

仙台の定番観光スポットのひとつ「大崎八幡宮」。伊達政宗の命により創建されたその社殿は桃山文化の粋を尽くした建物で、贅沢で華やかな装飾がされています。仙台の総鎮守として、400年以上前から杜の都を守ってきました。

今回は、大崎八幡宮の見どころや、コレクターも増えているご朱印についてご紹介します。

表参道入口にある大鳥居から表参道へ

一之鳥居

表参道入口にかかる「一之鳥居」。昭和63年に御鎮座380年を記念して建てられました。その大きさは、隣のマンションと比べると地上4階ほどの大きさがあります。

奥には石造りの「二之鳥居」やその周りに咲くシダレザクラが見えます。

一之鳥居 アップ

八幡宮の「八」の字は、平和の象徴でもある二羽の鳩が向かい合っています。

4代藩主伊達綱村から寄進された「二之鳥居」

二之鳥居

「二之鳥居」は1668年に仙台藩4代藩主 伊達綱村公から寄進されたもので、今の岩手県一関市から産出した御影石が使用されています。実は「二之鳥居」と呼ばれるようになったのは、先に紹介した「一之鳥居」ができてからなのです。

仙台市の有形文化財でもある大石段

大石段

1607年の大崎八幡宮創建時からのものとされる「大石段」。全部で98段ありますが、足場が幅広く、一段の高さがあまり高くないため、比較的上りやすいです。両脇にある赤い手すりは、昭和10年(1935年)に160名の有志により寄進されたものです。

石段の先にある「三之鳥居」をくぐり参道を進みます

三之鳥居

大石段を上りきると「三之鳥居」があります。こちらは1718年に仙台藩5代藩主 伊達吉村公により寄進されました。「八幡宮」の三文字は吉村公自身によって描かれたものです。何度か建て替えや修復がされ、今の姿となっています。

参道の両脇には杉の古木が立ち並び、厳かな雰囲気を感じさせます。

手水舎

参道を進むと右手に「手水舎」が見えてきます。ここで心身を清めるのですが、皆さんその順番はご存知ですか?

左手、右手の順に洗い、次に左手で水を口に含んでゆすぎます。そのあともう一度左手を洗います。

なぜ「左手から」なのかというと、神道では「左が神聖なもの」とされているため。理由については「天照大神は父の伊弉諾尊が左目を洗った際に生まれた」「天皇が北極星を背にしたとき、太陽が左から昇るから」など、諸説あります。

国の重要文化財「長床」

長床

御社殿の前に見える「長床」。創建年月等は不明ですが、御社殿とほぼ同時期に建てられた建築物として、国の重要文化財指定を受けている建物です。

絵馬

大崎八幡宮は厄除け、除災招福、必勝、安産の神として崇敬されてきました。そのため、仙台のプロスポーツチームが必勝祈願に訪れます。そのほか、多くのファンが必勝を願い絵馬を奉納しています。

桃山文化の粋を集めた「御社殿」

大崎八幡宮

長床をくぐると見える「御社殿」。手前が拝殿で、奥が本殿の「権現造り」で造られています。仙台で唯一「国宝」に指定されている建物です。

漆塗りの「黒」と極彩色のコントラストは見事としか言いようがありません。政宗公の眠る「瑞鳳殿」もそうですが、本当にこの頃の技術の素晴らしさを感じます。

仙台を観光するならココ!伊達政宗が眠る【瑞鳳殿】へ行こう!

ご朱印やお守りは御社殿の隣、祭儀棟へ

八幡宮ご朱印

近年はやっている「御朱印集め」。大崎八幡宮でも、多くの方が御朱印を求めて参拝されているようです。

お守り

無病息災や合格守、学業成就に旅行安全など、さまざまなご利益のあるお守りがあります。

社殿の裏へと続く参道と、4つ目の鳥居「北参道鳥居」

北参道鳥居

御社殿の裏側に回るように続く北参道は駐車場につながっているため、車で来る方はこちらが便利です。

こちらにある「北参道鳥居」は御鎮座400年記念で建造されたもので、高さ約7m、幅8.4mと木造鳥居としては県内で最大規模を誇ります。

木材には樹齢250~300年の「青森ヒバ」が、袴石には茨城県産の御影石が使われ、重厚な雰囲気をかもし出しています。

北参道

北参道は表参道と比べると階段などの段差が少ないため、車いすの方などはこちらからの参拝がおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「大崎八幡宮」をご紹介しました。

ここ、大崎八幡宮には「国宝大崎八幡宮ガイドボランティア会」と呼ばれるボランティアの方が4月~12月の土曜日曜・祝日に待機しているので、観光に来る際はぜひ利用してみてください。

【ボランティアガイド】仙台市内を無料で観光案内してもらおう!

名称大崎八幡宮
住所宮城県仙台市青葉区八幡4丁目6-1
電話番号022-234-3606
営業時間祈願は9:00~16:00
定休日-
平均予算-
クレジット-
最寄駅地下鉄 北四番丁駅
行き方北四番丁駅から二日町北四番丁バス亭より、仙台市営バスを利用し大崎八幡宮前で下車していただくと目の前です。
駐車場有り

仙台市博物館

観光

国際センター駅

2018.4.17

【仙台市博物館】伊達家にまつわる貴重な資料や文化財を見に行こう!

仙台城の三の丸跡にある「仙台市博物館」。仙台藩と伊達家、支倉常長や慶長遣欧使節に関連した貴重な資料のほか、仙台にかかわる歴史や文化、美術工芸品などの資料を約9万7千点の収蔵している博物館です。 常設…

仙台城の三の丸跡にある「仙台市博物館」。仙台藩と伊達家、支倉常長や慶長遣欧使節に関連した貴重な資料のほか、仙台にかかわる歴史や文化、美術工芸品などの資料を約9万7千点の収蔵している博物館です。

常設展示では約1000点の資料が展示され、伊達政宗が築いた仙台城などに関する展示が充実しているので、仙台観光の際にはぜひ足を運んでもらいたい観光スポットの一つです。

※注:常設展の撮影は個人で楽しむ目的に限られていますが、今回は特別に許可をいただいて撮影・掲載いたしました。

伊達政宗の胸像

伊達政宗胸像

仙台市博物館の館庭に設置されている伊達政宗胸像。実は、元々仙台城跡の本丸跡に設置されていた伊達政宗騎馬像の一部なのです。

騎馬像が設置されたのが1935年。その後、戦時中の金属供出で騎馬像は撤去されましたが、戦後に胸から上の部分のみが発見され、今はこちらに設置されたそうです。現在仙台城跡の本丸跡にある騎馬像は、戦後に同じ型を使って造られた2代目という事になりますね。

本丸跡の騎馬像はとても高い場所にあるのですが、こちらは目線の高さに設置されてますので、ぜひ近くから伊達政宗のお顔をご覧ください。

2018年 春の常設展示のおすすめ その1

慶長遣欧使節 展示

仙台市博物館の常設展は季節ごとに入れ替わり、1,000点ほど展示がされます。

3月31日~5月27日は「国宝・慶長遣欧使節関係資料」の展示が充実しています。ユネスコ記憶遺産に登録されている「ローマ市公民権証書」「支倉常長像」「ローマ教皇パウロ五世像」の3点を同時に見られる、とても貴重なチャンスです!

慶長遣欧使節関係資料とは?

伊達政宗が新イスパニヤ(メキシコ)との通商及びローマよりの宣教師招聘を目的とし、家臣支倉六右衛門常長以下十数名を欧州に派遣したのが慶長遣欧使節である。船には多数の宣教師ほか約180人が乗船し、慶長18年(1613)9月、月の浦より出帆した。太平洋を横切り、メキシコを経て、イスパニヤ・ローマに行き、帰途はメキシコよりルソンに寄港して7年後の元和6年(1620)8月帰朝した。だが通商、宣教師招聘についての確答は得られず、また滞欧中、幕府はすでにキリスト教を禁止しており、所期の目的は達せられなかった。

この資料は伊達家及び仙台藩切支丹改所に伝来したもので、すべて常長が持帰ったものである。

引用元:宮城県WEBサイト 宮城県の指定文化財

ローマ市公民権証書

ローマ市公民権証書

支倉常長がローマ市議会からローマ市民としての権利を与えられ、貴族に列するという事が記されています。左上に見える「逆卍」は支倉常長の紋章です。

文中には「SANDAI(仙台)」や「VOXV(奥州)」「IDATE MASAMVNE(伊達政宗)」といった文字が書かれています。ローマ市公民権証書は、慶長遣欧使節の他の7人にも与えられましたが、残っているのはこの資料だけです。

ローマ教皇パウロ五世像(左)と支倉常長像(右)

ローマ教皇と支倉常長

写真右側の支倉常長がキリストに祈りを捧げる姿は、教科書などで目にしたことがあるのではないでしょうか。その実物が展示されています。

この支倉常長像ですが、当時キリスト教を禁じていた(禁教令)こともあり、仙台藩に没収されてしまいます。ですが、そのおかげで現代まで保管されていた、という見方もありますね。

2018年 春の常設展示のおすすめ その2

具足3体

現在(2018年4月)、常設展のコーナーのひとつとして「仙台藩の武器・武具」をテーマに展示がされています。

政宗が家臣に与えた「黒漆五枚胴具足」(写真中央)のほか、上杉謙信所用と伝わる具足(写真右)、仙台藩6代藩主・伊達宗村の「黒漆鳩胸五枚胴具足」(写真左)の3領を展示中です。
※この具足の展示は5月27日までです。

この3領の具足のほか、5月15日~27日の期間限定で政宗所要の「黒漆五枚胴具足」と「山形文様陣羽織」(いずれも重要文化財)が展示される予定です。

上杉謙信所用と言われる「朱皺漆紫糸威六枚胴具足 三宝荒神形兜付」。珍しい兜が付いた具足で、もと上杉家家臣の登坂家から伊達家に献上されたと伝わるものです。

伊達宗村の「黒漆鳩胸五枚胴具足」

仙台藩6代藩主・伊達宗村の「黒漆鳩胸五枚胴具足」。兜や篭手(こて)の白い皮でできた部分は、もともと熊の毛で覆われていたもので、近くで見ると残っている熊の毛も見ることができます。

大人も子供も楽しめるプレイミュージアム

プレイミュージアム

郷土玩具などに触れて遊んだりすることで歴史や文化を体験できる「プレイミュージアム」は、小さなお子様も楽しむことができます。

兜 レプリカ

伊達政宗の兜をかぶって、記念写真を取る方も多いようです。

プレイミュージアムイベント

プレイミュージアム内では参加無料のイベントが開かれており、取材に行った日には「投扇興(トウセンキョウ)」という、扇子を的に向かって投げる昔からの遊びを体験することができました。

※イベントは時期によって異なります。詳しくは仙台市博物館までお問い合わせください。

観覧料(常設展)

料金
一般・大学生  460円(団体 360円)
高校生  230円(団体 180円)
小・中学生  110円(団体 90円)

※どこでもパスポートをお持ちの小・中学生は「観覧券売場」でパスポートをご提示することで、常設展・企画展・特別展すべて無料で観覧することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。仙台市博物館の一番の見どころは伊達政宗や支倉常長などの貴重な資料ですが、仙台市や宮城県にまつわる多くの資料を展示しているので、自分たちが住む街がどのように造られたのかなども知ることができます。

観光でいらした方も、お近くにお住まいの方も、ぜひ一度足を運んでみてください。

※博物館常設展内の撮影は個人で楽しむ目的に限られています。(インターネット上へのアップロードを含む)
今回は特別に許可をいただいて撮影・掲載させていただきました。
また、フラッシュの使用、特別展・企画展での撮影は禁止されています。撮影の際には、博物館へご相談を忘れずにお願いします。

名称仙台市博物館
住所宮城県仙台市青葉区川内26
電話番号022-225-3074
営業時間9:00~16:45 (入館は16:15まで)
定休日月曜日 (祝日・振替休日の場合は開館) 祝日・振替休日の翌日 (土・日曜日、祝日の場合は開館) 年末年始
平均予算-
クレジット-
最寄駅地下鉄 国際センター駅
行き方国際センター駅の南1番出口を出て、南へ進み仙台国際センターの正面まで進みます。仙台国際センター入り口前の交差点から横断歩道を渡り、右折。すぐ左手に仙台市博物館の入口があります。
駐車場有り
青葉神社

観光

北仙台駅

2018.4.17

仙台で伊達正宗公を祀る【青葉神社】へ!宮司は有名な家臣の子孫!?

仙台藩初代藩主伊達政宗公(神号:武振彦命【たけふるひこのみこと】)を祀る青葉神社。1874年~1878年(明治7年)にかけて創建されました。今回は「青葉神社」と「仙台・青葉祭り」との関係や、青葉神社の…

仙台藩初代藩主伊達政宗公(神号:武振彦命【たけふるひこのみこと】)を祀る青葉神社。1874年~1878年(明治7年)にかけて創建されました。今回は「青葉神社」と「仙台・青葉祭り」との関係や、青葉神社の見どころなどをご紹介いたします。

参道や境内にはさまざまな桜が花開きます

青葉神社 鳥居

春になるとソメイヨシノをはじめとしたさまざまな桜が花開き、参道や境内を美しく彩ります。

境内 桜

昔は「桜の花が咲くと木に田んぼや山の神様が降りてきてくれた証」と考えられており、お花見は神事のひとつとされてきました。花の美しさを愛でる「行事」へと変化してきたのは江戸時代ごろと言われています。

ここ青葉神社でも、満開の時期には近所の方々をはじめ花見客が訪れます。

拝殿には、歴史的資料が収蔵されています。

青葉神社 拝殿

青葉神社の拝殿内には「時の太鼓」と呼ばれる、仙台城内で時や合図を知らせるために使われていた太鼓が据えられています。

時の太鼓

この「時の太鼓」は5代藩主 伊達吉村公の命により造られたもので、明治維新後の仙台城の取り壊しの際に民間に払い下げられましたが、1875年(明治8年)に青葉神社に奉納されました。それ以来、今も毎朝、仙台の街に時を知らせています。

伊達騒動

「時の太鼓」のほかにも「伊達騒動」と呼ばれる、江戸時代前期に起きたお家騒動にまつわる絵画や、当時の狩りの様子を記した絵画などが収められています。

青葉神社 絵画

青葉神社 本殿

青葉神社

拝殿の裏にある本殿には、伊達政宗公が祀られているほかに、政宗公の正室であった愛姫も一緒に祀られています。

こちらは社務所から拝殿に通じる渡り廊下より見ることができます。

「仙台・青葉祭り」との関わり

春の風物詩である「仙台・青葉祭り」は、伊達政宗公の命日である5月24日に青葉神社が行っていた春の例大祭に由来するお祭りでした。1985年(昭和60年)の伊達政宗没後350年からは、市民のお祭りとして「仙台・青葉まつり」と名を変えて今に至ります。

今も毎年5月の第3土曜・日曜の「仙台・青葉まつり」では、お御輿や武者行列が青葉神社から続く青葉神社通りを練り歩きます。

現在の宮司は、あの有名な家臣の子孫!?

現在の青葉神社の宮司は、伊達政宗公の重臣として仕えた片倉景綱(片倉小十郎)の子孫で、片倉家16代当主が勤めています。政宗公の時代から400年もの時を経ても政宗公を守っているのですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は仙台を代表する歴史的人物「伊達政宗公」を祀る青葉神社をご紹介しました。

政宗公にまつわる場所としては、瑞鳳殿や大崎八幡宮と比べてまだ知らない方も多いですが、知る人ぞ知る観光スポットとして日本各地から参拝に訪れる方がいる場所です。近年は御朱印を求めて訪れる方も多く、政宗公の騎馬像を映した御朱印帳はとても人気があるそうです。

仙台にお越しの際には、ぜひ青葉神社へも足を運んでみてください。

青葉神社 御朱印帳

名称青葉神社
住所宮城県仙台市青葉区青葉町7-1
電話番号022-234-4964
営業時間ご祈祷受付時間は10:00~15:30
定休日-
平均予算-
クレジット-
最寄駅北仙台駅
行き方北仙台駅を出て西へ、一つ目の信号を左折し、道なりに350m程進むと右手に青葉神社へと続く石段があります。
駐車場有り

 

仙台市天文台

観光

愛子駅

2018.4.13

【仙台市天文台】見て触って楽しんで!宇宙のスケールを体感しよう!

仙台市の西部、錦ケ丘にある「仙台市天文台」。もともと西公園にあったのですが、2008年に今の場所に移転しました。展示室やプラネタリウム、国内屈指の大きさを誇る望遠鏡等があり、毎年たくさんの来観者数を誇…

仙台市の西部、錦ケ丘にある「仙台市天文台」。もともと西公園にあったのですが、2008年に今の場所に移転しました。展示室やプラネタリウム、国内屈指の大きさを誇る望遠鏡等があり、毎年たくさんの来観者数を誇る人気のスポットです。

今回は、この「仙台市天文台」をご紹介します。子供から大人まで楽しめる施設ですので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

天文学の歴史や大宇宙まで楽しく学べます!

天文台 GEN理の広場

展示室では、天文学の歴史や地球、月などの太陽系のほか、遠い銀河や大宇宙の広がりについて、数々の展示から楽しく学ぶことができます。

月球儀(表)

月は、私たちにとって一番身近な天体ではないでしょうか? 仙台市天文台では、月の姿を裏側まで見ることができる「月球儀」があります。

月の裏側

テレビなどで目にする月の姿との違いを見ることができます。

天の川銀河

展示室に入るとすぐ目に入ってくるのが、「天の川銀河」を映したスペース。これには子供たちも楽しそうに見入っていました。

宇宙観の変遷模型

古代の人々は「自分たちが住む地の果てはどうなっているのか?」「夜空に星が輝くのはどうして?」というような思いを巡らせていました。そんな様々な考えを時代ごとに見ることができます。

仙台と天文学

江戸時代の仙台藩の天文学についての展示もあり、地元・仙台で天文学がどのように考えられていたのかも知ることができます。

展示室 観覧料
個人 団体(30名以上)
一般 ¥600 ¥480
高校生 ¥350 ¥280
小・中学生 ¥250 ¥200

ひとみ望遠鏡

ひとみ望遠鏡

仙台市天文台に設置されている口径1.3mの「ひとみ望遠鏡」。国内屈指の大きさを誇るその望遠鏡から、これまでもさまざまな天体の発見などがされてきました。

このひとみ望遠鏡がある観測室では、無料でひとみ望遠鏡の特徴を解説してくれるイベントが開催されています。

予約不要で、時間になったら直接会場へ行けば解説を聞くことができます。平日は1日1回、週末や祝日・学校の長期休業期間は1日4回開催されています。

そのほか、毎週土曜日の夜、晴天時にはひとみ望遠鏡を使った天体観望会が開催されます。

天体観望会
開催日 毎週土曜日(晴天時に開催)
開催時間 19:30 – 21:30 (チケット販売は19:30-21:00)
場所 ひとみ望遠鏡観測室
料金 高校生以上200円、小中学生100円

※2019年1月~3月は改修工事のためひとみ望遠鏡の運用は休止となります。

プラネタリウム

プラネタリウム
http://www.sendai-astro.jp/

270席あるプラネタリウムは直径25mの水平型ドームになっており、宇宙の魅力を体感できる様々なプログラムが用意されています。

プラネタリウムのプログラムは下記からご確認ください。

プラネタリウム 料金(1回分)
個人 団体(30名以上)
一般 ¥600 ¥480
高校生 ¥350 ¥280
小・中学生 ¥250 ¥200

ミュージアムショップでお土産も買えます

アースキャンディ

ミュージアムショップではお土産を購入できます。SNSなどで話題となった「アースキャンディ」が一番人気です。

宇宙食

仙台と言えば「ずんだ」ということで、「宇宙食のずんだもち」も売られていました。どんな味がするのか、ぜひ試してみてください!

お得なセット券や年間パスポート

仙台市天文台では、展示室とプラネタリウムのセット券や、年間パスポートなどのお得なチケットが用意されています。ぜひ利用してみてください。

展示室とプラネタリウム(1回)のセット券
個人 団体(30名以上)
一般 ¥1,000 ¥800
高校生 ¥600 ¥480
小・中学生 ¥400 ¥320
年間パスポート
個人
一般 ¥3,000
高校生 ¥1,800
小・中学生 ¥1,200

発行日から1年間、展示室、天体観望会、プラネタリウム一般投映は何度でも観覧可能です。

年間パスポートについて、詳しくはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「仙台市天文台」をご紹介しました。

今回ご紹介したのは天文台のごく一部で、ほかにも色々な魅力にあふれています。天体に興味がある方はもちろん、ご家族で行ってもきっと楽しめると思います。ぜひ一度足を運んでみてください。

名称仙台市天文台
住所宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32
電話番号022-391-1300
営業時間9:00-17:00(土曜日は21:30まで※展示室は17:00まで) ※最終入館は閉館30分前まで ※2019年1月~3月は土曜日20:30まで
定休日水曜日・第3火曜日 (祝休日の場合はその直後の平日に休館) 年末年始(12月29日-1月3日) ※学校長期休業期間中は開館
平均予算-
クレジット-
最寄駅JR仙山線 愛子駅
行き方JR愛子駅から「錦ケ丘」行きバスへ乗り、「錦ケ丘七丁目北・天文台入口」で下車。
駐車場有り

観光

東照宮駅

2018.4.13

【仙台東照宮】徳川家康公を祀る国指定重要文化財で歴史を感じよう!

仙台駅から約2km、宮町の商店街を抜けた先にある仙台東照宮。仙台城(現・青葉城址)から見て鬼門にあたる北東の位置にあり350年以上前から、仙台を見守り続けてきました。東照宮といえば日光の東照宮が有名で…

仙台駅から約2km、宮町の商店街を抜けた先にある仙台東照宮。仙台城(現・青葉城址)から見て鬼門にあたる北東の位置にあり350年以上前から、仙台を見守り続けてきました。東照宮といえば日光の東照宮が有名ですが、徳川家康公を祀る神社を東照宮と呼び、全国各地にあります。

今回は、実際に東照宮に仕える禰宜(ネギ)さんに東照宮を案内していただきましたのでご紹介します。普段は入れない場所なども見てきましたので、ぜひご覧ください。

仙台 東照宮について

仙台東照宮は、仙台藩二代藩主・伊達忠宗公により、1654年(承応3年)に創建されました。

初代藩主・伊達正宗公の没後、仙台藩は災害が続いたことで重大な財政危機に陥りましたが、徳川幕府の多大な援助により危機を脱したことから、徳川家に対する感謝のしるしとして当時の将軍・徳川家光公に東照宮創建を願い出て実現したそうです。

この時に神社を維持、管理するための御宮町の制定などを行い、現在の宮町商店街付近の街づくりの礎となっています。今も東照宮からはその眼下に宮町の商店街を望むことができます。

東照宮から宮町商店街

宮城県内最古の石鳥居

東照宮 石鳥居

境内の参道入り口に立つ石鳥居は国の重要文化財に指定されており、忠宗公の妻・振姫(フリヒメ)の郷里である岡山県の犬島から運ばれた花崗岩で造られました。

江戸時代の地震の際に倒壊し、左上の笠石の部分を仙台の石で補修したため、石柱等と比べて黒ずんでいます。犬島の花崗岩が雨風に対して強いことを物語っていますね。

その奥に見える赤い橋は、「御神橋(ゴシンキョウ)」といわれる創建時にあった橋を再現したものです。

御神橋

周りには樹齢100年ほどの桜が植えられていて、満開の時期はとてもきれいな桜を見ることができるのですが、取材に伺った日はまだ少し早く、ちょっと残念でした。

随身門(ズイジンモン)

東照宮 石灯篭

御神橋を渡り石段を進むと、両脇に見える石灯籠は28基。その多くは伊達家の一門によって奉納されたものです。

奥に見えるのが随身門です。

東照宮 随身門

随身門とは、お寺でいうところの「仁王門」にあたる門で、左右には随身像が配置されています。とても大きな門で、先に紹介した宮町の商店街からもその姿を見ることができます。美しい装飾がされていたそうですが、その装飾は外されてしまい現在の姿となっています。

こちらも国指定の重要文化財に登録されています。

拝殿

東照宮 拝殿

随身門をくぐり、石段を上ると見える拝殿です。拝殿の左側には手水舎があります。

東照宮 手水舎

こちらでお浄めしてからお参りしてください。この手水舎に使われている石も、鳥居と同じ花崗岩です。

拝殿は、昭和10年に焼失してしまったため、現在の拝殿は昭和39年に再建されたものです。

唐門・本殿

東照宮 唐門

拝殿の奥にある唐門(カラモン)。神の領域と人の領域を分けている門です。この唐門も国指定の重要文化財に指定されています。

普段は防犯上の理由ですぐ近くまで来ることはできないのですが、今回は特別に案内していただきました。

唐門

唐門の扉には、上から鳳凰、麒麟、唐獅子の彫刻がされているほか、当時の最先端の技術「七宝金具」の装飾がされています。これは東照宮では日光東照宮と仙台東照宮でしか使われていない装飾です。

この唐門の先に本殿があるのですが、ここから先は神の領域となりますので、先に進むことはできません。

東照宮 本殿
http://s-toshogu.jp/

唐門の奥にある「本殿」。御神体をお祀りする最も重要な建造物です。

ケヤキの木目を活かした透漆(スキウルシ)塗りで、内部、外部共に塗装を施してあります。大小さまざまな彫刻と七宝金具による装飾が施されており、当時の工芸技術の粋を結集した建物となっています。

ぜひ一度、この目で見てみたいですね。

東照宮神輿

東照宮神輿

随身門の右側にある神輿堂に収められた「東照宮神輿」は、東北一の大きさと言われています。当時の祭の際には、仙台の城下町を一周していました。

こちらの神輿はお正月や春祭の期間に公開しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「仙台東照宮」をご紹介いたしました。

家康公をはじめ、徳川家と伊達家には深いつながりがあり、そのためか日光と仙台でしか使われていない技術などがあります。本殿には入れませんが、中の様子は仙台東照宮内にあるパンフレットなどでご覧いただくことができます。

ぜひ一度、仙台東照宮へ足を運んでみてください。

名称仙台東照宮
住所宮城県仙台市青葉区東照宮一丁目6番1号
電話番号022-234-3247
営業時間御守・御朱印・駐車場利用時間 8:00~17:00  ご祈祷受付時間 9:00~16:30 ※社殿は17:00で閉門いたしますが、参拝は終日可能
定休日-
平均予算-
クレジット-
最寄駅JR仙山線 東照宮駅
行き方東照宮駅から東照宮2丁目公園を抜け、宮町商店街の通りへ出たら右に進みます。すぐに東照宮が見えますので、道路を渡り参道へ進むと到着です
駐車場有り

観光

仙台駅

2018.4.10

仙台に実在した福の神【仙台四郎】が祀られる三瀧山不動院へ行こう!

仙台駅からふたつ目のアーケード、クリスロード商店街の中にあるお寺「三瀧山不動院」。不動明王をご本尊として祀る、真言宗のお寺です。 そして、三瀧山不動院に祀られているもう一つの神様。それが「実在した福…

仙台駅からふたつ目のアーケード、クリスロード商店街の中にあるお寺「三瀧山不動院」。不動明王をご本尊として祀る、真言宗のお寺です。

そして、三瀧山不動院に祀られているもう一つの神様。それが「実在した福の神」と呼ばれ、今も商売繁盛の神様として多くの人に愛される「仙台四郎」なのです。

アーケードに面した山門をくぐり小路を通るとすぐにお参りできることから、毎日多くの人がこのお寺にお参りにやってくるようです。

今回は、私が実際に仙台四郎さんにお参りに行ってきましたので、その様子をご紹介します。

クリスロード商店街のほぼ中央にあるお不動さん

三瀧山不動院山門仙台駅からクリスロードのアーケードを歩いてくると、飲食店や雑貨屋にパチンコ店など多くのお店が並ぶ中、右手に山門が見えてきます。

山門をくぐると、お茶やお土産の他に仙台四郎グッズのお土産も並んでいます。

三瀧山不動院小路

気になりますが、まずはお参りです。

奥に進むと、大きくはありませんがちゃんと手水場もあります。

皆さん、ちゃんと順番に並んで利用していました。

手水場

さあ、お不動さんに手を合わせます。

三瀧山不動院参拝

賽銭箱にお賽銭を入れ、鈴を鳴らしてお参りしてもいいのですが、写真中央に見える階段を上って本堂にあがってもいいそうです。この日も、本堂にあがって参拝される方がいらっしゃいました。

仙台四郎さんへもお参りしました。

本堂にあがる階段を上ると左手にいらっしゃるのが、仙台四郎さん。

仙台四郎

仙台四郎とは、江戸時代末期から明治35年頃に仙台に実在した人物です。

四郎は言葉がほとんど話せず「四郎馬鹿(シロバカ)」と呼ばれていたようですが、「四郎が立ち寄る店は必ず繁盛する」「四郎が抱く子供は丈夫に育つ」など、さまざまな伝説があるのです。このような伝説から、今でも商売繁盛の神様として多くの人に愛されています。

お土産もいろいろあります。

仙台四郎お土産

仙台の飲食店などに入るとよく見かける色紙、Tシャツやマグカップ

仙台四郎カード

お守りカードなども、お土産として人気があるようです。

仙台四郎置物

他にも置物や額に入った写真など、いろいろなお土産がありました。

仙台四郎さんを飾る方法ですが、ご家庭に飾る際には東南の方向に向けて飾ります。お店に飾る際には、お店の入口に向けて飾るようにするとお客様を迎え入れてくれるそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、仙台の福の神「仙台四郎」とそれを祀っている三瀧山不動院をご紹介しました。

仙台駅から近い場所にありますので、仙台にお越しの際にはぜひお参りに行ってみてください。

名称三瀧山不動院
住所宮城県仙台市青葉区中央二丁目5-7
電話番号022-221-3056
営業時間10:00~18:00
定休日年中無休
平均予算-
クレジット-
最寄駅仙台駅
行き方仙台駅から、西へと伸びるアーケードを進み。二つ目のアーケードのほぼ真ん中あたりにあります。
駐車場無し