おでかけ

2017.12.25

仙台市青葉区の子供を連れて行きたくなる公園♪5選

仙台市には大小さまざまな公園があり、数多くのイベントを行っている勾当台公園やお花見で人気の榴ヶ岡公園など、他にも多くの公園があります。その中でも今回は、青葉区内にある小さな子供も楽しめる公園をご紹介します。繁華街のすぐそばでも、昔ながらの遊具がある公園や遊びながら交通ルールが学べる公園など、明日子供を連れて行きたくなる公園ばかりです。

1・遊びながら交通ルールが学べる
三居沢交通公園(サンキョザワコウツウコウエン)

青葉区荒町にある三居沢交通公園は信号機や踏切、歩道橋などがあり楽しく交通ルールが学べる公園です。園内で子供用の自転車や足こぎカートを無料で貸し出しています。

自転車は補助輪や押し手がついたもの等もあるので、これから自転車の練習を始めるお子さんにもおすすめの公園です。

利用者専用の駐車場から公園へ入るとすぐに受付がありますので、受付を済ませてからご利用ください。

決して大きな公園ではありませんが、自分が子供だったらと考えると、本当におすすめの公園なのでぜひ遊びに行ってみてください。

三居沢交通公園
開園時間 9:00~16:00
休園日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
場所 宮城県仙台市青葉区荒巻三居沢1

2・広大な敷地の自然あふれる公園です
台原森林公園

台原森林公園は、全長約1.2kmにわたる広大な敷地の森林公園です。地下鉄の1区間がまるまる公園になっているようなところで、園内は森の中を進む遊歩道部分とアスレチック等が楽しめる公園部分等があります。

アスレチックは全部で10種類、大人でも結構大変なポイントもありました。

園内にある池では、カモやコイが泳ぐ姿も間近に見られます。

3kmのジョギングコースが設定されていますが、アップダウンの激しいコース設定になっています。

地下鉄 旭ヶ丘駅を出ると、もうそこは台原森林公園です。アクセスが簡単なのはやっぱりうれしいですね。

台原森林公園
場所 宮城県仙台市青葉区台原森林公園302

3・仙台でもっとも歴史のある公園
西公園

広瀬川のほど近く、仙台駅から広瀬通をまっすぐ進むと、そこに西公園があります。

夏の花火大会の際には大変多くの人が訪れる公園です。

2016年に西公園に新しく完成したSL広場は、C60形蒸気機関車が展示されています。実際に機関室に入ることもでき、西公園の新たな施設として人気があります。

園内には定番の遊具がそろっています。

広瀬通を挟んで反対側は、都会的な公園となっています。

駐輪場や遊歩道等、最近ますます整備されている公園です。

西公園
場所 宮城県仙台市青葉区桜ケ岡公園1−3

3・園内に小さな図書館がある
肴町公園

一番町や国分町から本当に近い場所にある肴町公園。繁華街にある公園で、遊具は“ブランコ”と“うんてい”しかありませんが、この公園にはとても小さな図書館あります。

『小さな無料図書館』は、「Dayout」というイベントからスタートし、周辺住民や本を提供してくれた方の協力で成り立っているそうです。

通常の図書館と同様に、利用できる小さな無料図書館。本当に素敵な取り組みですね。

肴町公園
場所 宮城県仙台市青葉区国分町1丁目2

4・いつも子供たちの声があふれる歴史ある公園
勝山公園

勝山公園は、この地域の酒造会社が大正3年に庭園の一部を開放したことで生まれた公園で、仙台市内では三番目に古い公園です。

いつ行っても、子供たちの遊ぶ姿があり、多くの人が利用している公園です。

庭園当時から大木が並び、四季折々の姿を感じることができます。

勝山公園
場所 宮城県仙台市青葉区上杉2丁目338−1

5・ビジネス街にある地元に愛される公園
五橋公園

五橋駅からほど近いビルに囲まれた公園ですが、広い敷地内には遊具が設置され、休むためのベンチ等も多くあります。また場所柄、お昼時にはお弁当を持ったビジネスマン等がお昼を取る姿も見られます。

夏には地元の人たちで開催される「イツフェス!」と呼ばれる10年以上続く夏祭りが行われる場所でもあります。

五橋公園
住所 宮城県仙台市 青葉区五橋1丁目1-7

まとめ

仙台市内には、イベントを行っているような大きい公園から、地元の子供たちが毎日遊ぶ小さな公園まで、たくさんの公園が整備されています。その中でも今回は、青葉区内にある公園の中から、実際に行ってみてきた公園をご紹介しました。他の区などもご紹介していきたいと思いますので参考にしてみてください。