行政情報

仙台駅

2018.3.15

知らなきゃ損するかも!?仙台の子ども手当等の便利な支援制度について

仙台市では出産や子供の生活にかかる費用について様々な支援を行っています。

今回はその中でも、代表的な2つの支援、『児童手当』と『子ども医療費助成』について紹介いたします。

2つとも同じ窓口で申請することができ、申請するだけで支援を受けられます。

とってもお得な支援となっていますのでぜひ利用して、知らなくて損をしたという事のないようにしましょう。

1.一人あたり月々15000円もらえる『児童手当』

以前は『子ども手当』と呼ばれていましたが平成244月から『児童手当』に名称が変わりました。

出生届を出す区役所に申請窓口がある為、出生届を出したその足で申請をする方が多いそうです。

申請した翌月から支給対象となり、さかのぼっての申請はできないため忘れずに申請しましょう。

対象となる児童は

0歳から15歳到達日以後の最初の331日までの間にある児童”

となっており、児童1人あたりの支給額は年齢や第1子、第2子等で分けられております。

一覧にまとめてみました。


受給者についても条件があります。

仙台市内にお住まいの方で支給対象となる児童の、

  1. 父または母のうち,生計中心者
  2. 未成年後見人
  3. 児童の父母が国外在住の場合に,父母に指定された方(父母指定者)
  4. 児童を養育している里親
  5. 1~4以外で,支給対象となる児童の生計を維持されている方

この他に、受給者についての所得制限があり、制限を超えた所得のある方は、金額が一律5,000円(月額)となります。

所得制限限度額は扶養親族の人数で変わります。

2017/10/17現在

支給例①

所得額650万円で、扶養親族が1人、高校2年生、中学1年生、小学4年生の子供がいる場合

1子:高校2年生 支給対象外

第2子:中学1年生 月額10,000

3子:小学4年生 月額15,000

となります。

18歳に達した後,最初の331日までの間にある児童(高校3年生修了まで)を年齢の高い順に「第○子」と数えます。

支給例②

所得額670万円で、扶養親族が1人、小学4年生、満2歳の子供がいる場合

1子:小学4年生  月額5,000

第2子:満2歳    月額5,000

となります。

※所得制限限度額を超えているため、一人あたり月額5,000円となります。

支給日

支給は6月・10月・2月の年3回。

支給日は15日(土日祝日の場合はその前日)に指定の口座へ振り込まれます。

6月は2月~5月分・10月は6月~9月分・2月は10月~1月分)

手続き方法

子どもが生まれたり仙台市へ引っ越してきた場合などには、新たに手続きが必要となります。

届け出は、お住まいの地域の区役所や総合支所の担当窓口へ。

 

提出する書類は

・認定請求書(申請窓口か仙台市のホームページから事前にダウンロードすることもできます)

・受け取る方の健康保険証の写し

・受け取る方名義の金融機関口座の写し

(ゆうちょ銀行はOK。ネット銀行は全国銀行協会加盟の場合OK。)

※なお、支給要件によっては別途書類が必要となる場合があります。

申請後、受給資格が認定された方には「認定通知書」が郵送されてきます。

手続きが遅れるとその月分の手当ては受給できなくなるので、忘れないように手続きしましょう。

※仙台市役所の『児童手当』に関するページはこちら

2.医療費が無料になる『子ども医療費助成』

仙台市在住で、健康保険に加入している中学3年生卒業までの子供が対象となる『子ども医療費助成』。

子供が病院で受診したときに保険診療の自己負担額に対して補助を受けることができます。

『児童手当』申請の際にあわせて申請しましょう。

病院の窓口で支払う負担額については年齢と通院、入院の他、初診と再診などに分かれています。

2017/10/17現在

※入院中の食事にかかる負担金は助成されません。

助成を受ける為には

生まれた日や仙台市へ転入した日から、30日以内にお住いの区役所もしくは総合支所へ資格登録の申請を行わなければなりません。30日を過ぎて申請した場合には申請月の1日からの登録となります。

登録申請後に所得の審査を行い所得制限未満の場合は『受給者証』が、所得制限以上の場合は『支給停止通知書』が渡されます。

※一定以上所得がある場合や生活保護を受けている場合は助成を受けることができません。

所得制限の限度額は扶養親族の人数によって異なります。

2017/10/17現在

資格登録時に必要なもの

・保険証

 子供の名前が記載されたものです。生まれて間がなく、健康保険証が手元にない場合でも申請は可能です。区役所・総合支所でご相談ください。

・預金通帳 保護者名義のもの。

 (ゆうちょ銀行はOK。ネット銀行は全国銀行協会加盟の場合OK。)

県外などで病院に行ったときにはいったん支払いを行い、領収書を提出することで、後日、助成額が振り込まれます。

 

※仙台市役所の『子ども医療費助成』に関するページはこちら

 

3.まとめ

『児童手当』も『子ども医療費助成』も同じ窓口で申請することができますし、申請することで生活費・医療費の負担を軽減することができるとてもお得な制度ですので、必ず申請するようにしましょう。

仙台市のホームページでは、他にも子育てに関するくらしの情報を掲載しています。

役に立つ情報がたくさんありますので、 確認してみてください。

仙台市のホームページはこちら

仙台市内の窓口一覧