イベント情報

2017.12.20

宮城蔵王の美しい樹氷と雪景色を満喫できる!樹氷めぐり観光ツアー

東北は、八甲田、八幡平、蔵王など樹氷の有名なスポットがあります。どれもが山深い豪雪地帯ではありますが、観光ツアーが組まれ毎年多くの観光客が訪れるようになりました。最近は、外国人観光客も増えてきています。

そこで今回は、宮城蔵王の樹氷についてご紹介します。

1.そもそも樹氷ってどうやってできるの?

樹氷ができるのには、気象条件や地形等いくつかの条件が必要となります。

簡単に説明すると4つ

  • 樹氷を形成するための樹木があること
  • 北西からの季節風(秒速10m~15m)が吹き、低温(-10℃~-15℃)であること
  • 一定の降雪量があること
  • 多量の過冷却水滴(0℃以下でも凍らない水滴)があること

この4つの条件がそろったときに初めて樹氷ができます。

蔵王には、アオモリトドマツという常緑の針葉樹が群生していて、冬になると西高東低の気圧配置となり、日本海側から季節風が吹きます。この季節風が日本海の水蒸気を運んでくるのですが、蔵王に来る前に山形県にある朝日連峰に大雪を降らせます。その大雪を降らせた雲に残った過冷却水滴が、蔵王のアオモリトドマツにぶつかり凍りつきます。

この凍りついたアオモリトドマツに雪が付き、硬く締まりという現象を繰り返すことで、風上に向かって樹氷は大きくなっていきます。この時、一定の方向(風上)に向かって尾びれ状に伸びる樹氷の形が「エビのしっぽ」と呼ばれています。

2.樹氷鑑賞ツアーで冬の蔵王を楽しもう!

宮城蔵王すみかわスノーパークでは『みやぎ蔵王の樹氷めぐり』として、暖房付の雪上車「ワイルドモンスター号」で行く樹氷鑑賞ツアーを行っており、今年のツアーもスタートしております。

ツアーの運行期間と時間は以下の通り、1回2時間のツアーが1日3便用意されています。

運行期間 時間
12月16日(土)〜3月18日(日) 11:00 出発 〜 13:00 戻り
13:30 出発 〜 15:30 戻り
15:30 出発 〜 17:30 戻り

料金はこちら。防寒長靴のレンタルが含まれております。

おとな こども
5,300円 4,400円

※こども…小学生以下

※座席を必要としない2歳以下の幼児は無料(保護者の膝の上で乗車)

雪上車『ワイルドモンスター号』

雪上車は、通常車両とワンランク上のグランクラスが用意されています。

通常車両
グランクラス
2,500円プラスすることで乗車可能なグランクラス。
グランクラス専用ラウンジや社内用ブランケット貸出・ホッカイロプレゼント・飲み物サービス・オリジナル商品プレゼントのサービスを受けることができます。

おすすめは、やはりグランクラスです。乗車時間は片道約45分あるので、せっかくなら快適に過ごしたいですよね。

樹氷鑑賞ポイントへは、ガイドさんの楽しいトークを聞きながら進みます。樹氷についてだけでなく、蔵王や山のふもとの遠刈田温泉などについても教えてくれます。

観賞ポイントでは天候が良ければ、写真のような壮大な景色が広がります。

豊富な雪は、さらふわなパウダースノー

山頂にある『刈田嶺神社』も一面樹氷に覆われます。

まとめ

天気が良ければ一面雪景色の最高の体験ができ、悪天候の日には日常では味わうことのできない、極寒の雪山を体験することができます。

どちらも、ここでしかできない貴重な体験になること間違いなし!ぜひ宮城蔵王の樹氷を見に来てください。

           
名称 宮城蔵王すみかわスノーパーク
住所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字倉石岳国有林内ゲレンデハウス
電話番号 0224-87-2610
営業時間 9:00〜16:00(3/1〜4/8の土日祝は8:30〜16:30)
平均予算 3,000円
最寄駅 白石駅
アクセス 東北自動車道白石I.C.から遠刈田温泉経由で約45分
駐車場の有無 有り
駐車場に関するコメント 600台 無料
備考 営業期間 2017/12/05~2018/04/08 リフト運行情報等は公式HPをご確認ください http://www.zao-sumikawa.jp/