観光

2017.12.15

今日から滑れる!2017-18シーズン宮城のおすすめスキー場4選

各スキー場とも昨年よりも早い積雪で、今年は雪の多いシーズンになりそうな予感がします。

私も若い頃は毎週のようにスキー場へ通いましたし、この時期は新しく買った道具を眺めながらわくわくしてシーズンを迎えていました。

スキー場のオープンのニュースなどを見ると、スノーボードがしたくなりますね。

今回は、今週末滑りに行ける宮城県のスキー場を4つご紹介します。

どのスキー場も、それぞれ特徴があって楽しいスキー場ですので、今シーズンのスキー場選びの参考にしてください。

 

 

12月3日オープン済み!
みやぎ蔵王えぼしリゾート

営業期間が122日~41日と長いシーズンを過ごすことが出来る、県内最大級のスキーリゾートです。太平洋を眺めながら滑る事の出来る4.3kmのロングコースは県内では唯一のゴンドラを使って楽しむことが出来ます。

コース上部で味わうパウダースノー。スノーボードパークも用意された人気の高いスキー場です。

スキー・スノーボードスクールも充実しており、特にスノーボードは競技へ参加しているジュニアチームがあり毎年高い成績を収めています。

スキー場までの3.6kmは融雪道となっており、安心してスキー場に行くことができますし、スキーこどもの日や新年ちびっこもちつき大会に、ちびっこそり大会等、子供向けのイベントが多いので家族みんなで楽しんでください。

名称 みやぎ蔵王えぼしリゾート
住所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉
電話番号 0224-34-4001
営業時間 平日9:00~22:00 (土・日・休日 8:30~22:00)
平均予算 4,200円
クレジットカード
利用の可否
利用可
最寄駅 白石駅
行き方について 東北自動車道白石I.C.から遠刈田温泉経由で約30分
駐車場の有無 有り
駐車場に関するコメント 3000台 駐車料金/土・日・祝日・年末年始(12/29~1/5)600円、平日無料
備考 営業期間 2017/12/02~2018/04/01 リフト運行情報等は公式HPをご確認ください http://www.eboshi.co.jp/

12月13日オープン済み!
すみかわスノーパーク

標高が高く、最高の雪質と蔵王の大自然を体感できるほか、しっかり整備されたテレインパークも充実しているとの口コミなどでも評判です。冬季封鎖される蔵王エコーラインの中腹にあり、スキー・スノーボードだけでなく蔵王のお釜や樹氷鑑賞などを楽しみに国外からも観光客が訪れるスキー場です。

12月5日〜48日までの営業期間にも係らず、人工降雪機を使用しないため、アイスバーンになりづらく転んでも痛くないため、初心者の方にもおすすめです。

上級者にも満足できるパーク設備のほかここでしか味わえない、バックカントリーツアーもあり全国から多くのスキーヤー・スノーボーダーが訪れています。

スキー場へのアクセスは、長い山道が続くため運転が大変ですが麓の遠刈田温泉から予約制の無料送迎バスが出ています。遠刈田温泉の無料駐車場も利用できますので雪道に自信が無い方などは事らがおすすめです。仙台駅からの送迎とリフトチケットがセットになったお得なパックも用意されています。

名称 宮城蔵王すみかわスノーパーク
住所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字倉石岳国有林内ゲレンデハウス
電話番号 0224-87-2610
営業時間 9:00〜16:00(3/1〜4/8の土日祝は8:30〜16:30)
平均予算 3,000円
最寄駅 白石駅
行き方について 東北自動車道白石I.C.から遠刈田温泉経由で約45分
駐車場の有無 有り
駐車場に関するコメント 600台 無料
備考 営業期間 2017/12/05~2018/04/08 リフト運行情報等は公式HPをご確認ください http://www.zao-sumikawa.jp/

 

12月15日オープン!
スプリングバレー泉高原

仙台市中心部から車で40分。仙台市内のスキー場です。全部で12あるコースはビギナーエリアやパークエリア等、いろいろな楽しみ方ができます。ナイター営業は平日22時、金・土曜日は23時までと仕事終わりに行ってもたっぷり滑ることが出来ます。

今年から仙台市内の有名店舗が土、日、祝日、年末年始に限定でレストラン2階にオープンしスキー場限定メニューも登場予定となっており、ゲレンデだけでなくレストランでも楽しめるようになっています。

県内最大級スキー・スノーボードのパーク施設は、パーク初心者から楽しめる作りになっていて、コースを流しながら楽しめると評判です。

スクールも充実しており、スキッズ・キャンプと呼ばれる3歳から小学6年生を対象としたプログラムは専任スタッフの完全サポートで安心してゲレンデデビューができ、その後の競技を目指す場合のサポート体制も整っています。

レンタル用品が今シーズンからすべて新品になる他、ハイエンドモデルもそろえていて大学、専門学生限定のお得なセットプランの利用もおすすめです。

名称 スプリングバレー泉高原
住所 宮城県仙台市泉区福岡字岳山14-2
電話番号 022-379-3755
営業時間 9:00~22:00
平均予算 3,500円
最寄駅 泉中央駅
行き方について 泉中央から県道35号線を泉ヶ岳方面へ、国道457号、県道223号線と進み約40分
駐車場の有無 有り
駐車場に関するコメント 600台 平日無料、土・日・祝日・年末年始(12/29~1/3)は1台500円
備考 営業期間 2017/12/15~2018/04/08 リフト運行情報等は公式HPをご確認ください http://www.springvalley.co.jp/

 

12月15日オープン!
オニコウベスキー場

多彩なコースレイアウトが魅力のスキー場。ファミリーやビギナー向きのコースからエキスパート向きのコースまで全8コースが用意されています。宮城県の北部、鳴子温泉郷のすぐそばにありスキーと温泉が楽しめるリゾートとして、県内外のお客様に親しまれてきたスキー場です。

利用済みリフトチケットで鳴子温泉の日帰り入浴が割引になる温泉地にあるスキー場ならではのサービスを行っています。

今シーズンからは新しく国道108号線が開通したこともあり、アクセス茂便利になりました。そのほか無料送迎バスや、仙台と石巻からの直通バスがシーズン中乗り放題となるバス会員も募集しているので、冬の雪道に自信が無い方や、車を持っていない学生等も通いやすいです。土日祝日と年末年始はナイター営業も楽しめます。

さらに、『雪マジ!19』という19歳の方が無料リフト券が使えるキャンペーンと20歳の方がリフト券半額になる『雪マジ!20』に参加しているので、対象の方はぜひ利用しましょう!

名称 オニコウベスキー場
住所 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字小向原9-55
電話番号 0229-86-2111
営業時間 平日9:00~16:30 (土・日・休日 8:30~17:00)
平均予算 3,700円
クレジットカード
利用の可否
利用可
最寄駅 古川駅
行き方について 古川I.C.より47号線を鳴子方面へ進み国道108号線に入り20分ほどで到着。鳴子からスキー場までの無料送迎バスあり
駐車場の有無 有り
駐車場に関するコメント 1000台
備考 営業期間 2017/12/15~2018/03/25 リフト運行情報等は公式HPをご確認ください http://www.onikoube.com/

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回は宮城県内にあるスキー場のうち、12月15日現在オープンしているスキー場をご紹介いたしました。

冒頭にお伝えしたとおり、今年は雪の多いシーズンになりそうです。

楽しいシーズンにしてください!

私も今年は、スキー場に遊びに行こうと思います!