おでかけ

2018.3.27

【保存版】宮城県の観光スポット9選-宮城在住39年の編集者がおすすめ

海や山の自然あふれる観光地や、神社や仏閣などの歴史あるスポット、仙台の都市部でのイベントなどいろんな楽しみ方ができる宮城県。毎年数多くの観光客が訪れ、2016年は6,000万人以上の観光客が訪れています。

観光情報誌などでも数多くの観光スポットが紹介されていますが、今回は宮城県で生まれて39年!マチしる編集部の私が、宮城に来たら必ず行ってほしい、本当におすすめの観光スポットをご紹介いたします。

宮城県へ観光に来る際にはぜひ参考にして、楽しい旅にしてください。

期間限定の庭園ライトアップが人気 「円通院(エンツウウイン)」

仙台市から約30キロ、仙台駅から電車で30分ほどの距離にある松島町。日本三景に数えられる「松島」の中でも、ミシュラン日本観光ガイドで星2つに認定されたスポットが「円通院」です。

この円通院、新緑の季節に訪れるのもいいのですが、私がおすすめしたいのは、境内の木々が色づく秋の円通院です。

毎年10月下旬~11月中旬の時期だけ夜間17:30から21:00の拝観ができ、紅葉に彩られた木々をライトアップした幻想的な雰囲気を堪能することができます。

本当にキレイで、思わず写真を撮りまくり、気づけば順路を2周してました……。

円通院のホームページで、紅葉の色づき情報や混雑状況なども確認できます。平日の夜でもたくさんの人がいて、17:30の開園前には並んでいる人もいました。20:30以降の遅い時間がおすすめです。

夜間ですので防寒対策をお忘れなく!

           
名称 円通院(えんつういん)
住所 宮城県松島町松島字町内67
電話番号 022-354-3206
営業時間 拝観時間 4月~11月 8:30~17:00 12月~3月 9:00~16:00
定休日 年中無休
平均予算 小人100円・高校生150円・大人300円
クレジットカード 利用不可
最寄駅 JR松島海岸駅
アクセス 松島海岸駅より45号線を北へ、菓匠三全を過ぎたら左へ進み突き当りを右に曲がるとすぐ左手にあります。
駐車場の有無 無し
駐車場に関するコメント 近隣に県営駐車場有

参照元:http://www.entuuin.or.jp/index.html

日本三景松島の島々を楽しむ 「松島湾 島めぐり観光船ツアー」

日本三景松島といえば、大小200以上の島が作り出す絶景ではないでしょうか?そんな島々が浮かぶ松島湾を観光船でゆったり巡ると、面白い形の島々を見ることができます。

取材当日はあいにくの天気でしたが、天気がよければ、青い海に青い空、最高のロケーションを楽しむことができます。

船の中は1階と2階に分かれていて、2階はグリーン席で追加料金がかかります。それぞれ船尾にデッキがあり潮風を感じながら島々を眺めることができます。以前はデッキからカモメに餌をやることができたのですが、今は禁止となっていますので、決して餌をあたえないでくださいね。

船内からの眺めもいいですが、左右それぞれに特徴的な島が現れますのでデッキでの鑑賞がおすすめです。

航行の途中、湾外に出るポイントがあるのですが、かなり揺れます。船に弱い方は、気をつけてください。

船着き場の向かいにあるパン屋さん「パンセ松島店」で売っている「牡蠣カレーパン」が本当においしいので、ぜひ寄ってみてください。

大きな牡蠣がごろごろっと入ったカレーパンは、松島に行くたびついつい食べてしまいます。

           
名称 松島湾 島めぐり観光船
住所 宮城県宮城郡松島町松島字町内85
電話番号 022-354-2233
営業時間 出航時間 午前 9:00 10:00 11:00 12:00 午後 13:00 14:00 15:00 ※16:00(冬季は休航 [11/1~3/19休航])
定休日 年中無休
平均予算 大人1500円・子供750円
クレジットカード 利用不可
最寄駅 JR松島海岸駅
アクセス 松島海岸駅より45号線を北へ、道なりに300mほど進むと右手に観光協会の建物が見えます、その奥が船着き場の桟橋です
駐車場の有無 無し
駐車場に関するコメント 近隣に県営駐車場有

参照元:http://www.matsushima.or.jp/route/index.html

ミシュラン観光ガイド3つ星観光スポット 「瑞嚴寺 (ズイガンジ)」

国宝に指定されており、ミシュラン日本観光ガイドで星3つに認定されたスポット「瑞巌寺」。伊達政宗の菩提寺として有名です。

828年に開山したのち、戦国時代を経て政宗が5年の歳月をかけて再建しました。一流の名工を集めるなど政宗の情熱が注ぎ込まれたと言われてます。

総門から続く林道は、東日本大震災時の津波の影響から杉林が半分ほどに減ってしまっており、当時の被害の大きさを知ることができます。

林道を抜けた先にある拝観受付では、ご朱印帳の受け付けを行っています。ご朱印を集めているかたは、拝観前にこちらでどうぞ。

本堂すぐそばの資料館では、2010年に改修工事が行われた際に取りはずされた鬼瓦や釣鐘などを見ることができます。

本堂内は、台所の柱などにも細かい細工が施されていて、伊達政宗の強い美意識がうかがえました。

本堂正面の孔雀の間にある襖絵は名前の由来になっている孔雀と冬・春・秋の季節が描かれていて、時間を超越していることを表すそうです。

ほかにも多くの部屋があり、どれも襖は金に塗られた豪華な作りで思わずカメラを向けたくなりますが、撮影禁止となっていますのでご注意ください。

           
名称 瑞嚴寺(ずいがんじ)
住所 宮城県宮城郡松島町松島字町内91
電話番号 022-354-2023
営業時間 拝観時間 8:00~15:30
定休日 年中無休
平均予算 大人700円・子供400円
クレジットカード 利用不可
最寄駅 JR松島海岸駅
アクセス 松島海岸駅より45号線を北へ、道なりに500mほど進むと左手に瑞巌寺への看板が見えてきます。松島観光協会の建物の向かい側です。
駐車場の有無 無し
駐車場に関するコメント 近隣に県営駐車場有

参照元:http://www.zuiganji.or.jp/

仙台観光の定番スポット 「仙台城址(センダイジョウシ)」

仙台藩主、伊達政宗が築いた居城跡「仙台城址」。仙台観光の大定番の場所です。

1602年に完成した仙台城は現在は石垣が残るのみですが、政宗の騎馬像がある天守台からは仙台の街並みが一望でき、天気のいい日には遠くの海まで見渡すことができます。

今年は伊達政宗生誕450年を記念して仙台城の復元活動なども行われており、資料展示館での仙台城の復元模型のほか、常設シアターでは当時の様子を再現したハイビジョンCG映像を見ることができ、当時の様子などをうかがうことができました。

城へと続く城下町の部屋の隅々までが再現されており、当時の暮らしぶりを詳しく知ることができました。

仙台城址へ訪れる方は、市内周遊バス「るーぷる仙台」を利用すると「瑞鳳殿」などもあわせて回ることができたり、この資料館への入場料が割引になるなどお得に利用できるのでおすすめです。

           
名称 仙台城址
住所 宮城県仙台市青葉区川内1
電話番号 022-222-0218
営業時間 入園自由 青葉城資料展示館9:00~17:00
定休日 年中無休
平均予算 青葉城資料展示館 個人:大人700円、中高生500円、小学生300
クレジットカード 利用不可
最寄駅 るーぷる仙台「仙台城跡」
アクセス るーぷる仙台「仙台城跡」下車すると目の前が入口です
駐車場の有無 有り
駐車場に関するコメント 有料駐車場(大型バス30台、普通車150台)

参照元:http://honmarukaikan.com/

豪華絢爛な伊達家歴代の墓所 「瑞鳳殿 (ズイホウデン)」

仙台城址とならぶ定番観光スポットの「瑞鳳殿」は、1636年に70歳で生涯を閉じた伊達政宗の墓所です。

桃山文化の特徴である豪華絢爛な建築は、1931年に国宝に指定されましたが、1945年の戦災で焼失。現在の建物は1979年に再建されたものです。

石造りの階段が続く参道の左右には杉並木がそびえ、古いものでは樹齢380年以上の古木もみられます。

境内には、二代藩主・忠宗の霊屋(おたまや)である感仙殿や、三代藩主・綱宗の霊屋(おたまや)善応殿も復元されており、瑞鳳殿と同じく鮮やかな色合いの建物を見ることができます。

伊達政宗の命令により作られた瑞鳳殿は、日光東照宮とおなじ「桃山様式」で作られており、当時の職人の細かな細工などをうかがい知ることができます。

瑞鳳殿へは急傾斜の坂と70段ほどの階段があり、境内もほぼ全面石畳で、大きな段差のある階段もあるため、車椅子等での観覧はかなり厳しいものがあります。ですが、坂を上り実際に目にすると圧巻の造形美に心奪われます。

車いすの方用のスロープなどは用意されておりませんので、来場の際はご注意を。

           
名称 瑞鳳殿
住所 宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
電話番号 022-262-6250
営業時間 9:00〜16:00
定休日 12月31日
平均予算 一般550円・高校生400円・小中学生200円
クレジットカード 利用不可
最寄駅 るーぷる仙台「瑞鳳殿前」
アクセス るーぷる仙台「瑞鳳殿前」で下車して南に進むと入口です。
駐車場の有無 有り
駐車場に関するコメント 駐車場は無料で利用可能

参照元:http://www.zuihoden.com/

日本でも珍しい樹氷観光スポット 「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」

http://www.zao-sumikawa.jp/okama.html

宮城県と山形県の県境に位置する「お釜」

冬の期間は、道路の封鎖により車の通行ができなくなりますが、すぐ下のスキー場「すみかわスノーパーク」で、樹氷観光ツアーを行っており、だれでも気軽に冬のお釜や樹氷を見に行くことができます。

http://www.zao-sumikawa.jp/okama.html

スキー場で受け付けをしたら、雪上車に乗り込み約50分ほどで山頂へと到着します。

http://www.zao-sumikawa.jp/juhyo.html

雪化粧をしたお釜の噴火口や山頂の鳥居、名物の樹氷が原を見ることができます。

天気がいい日には写真のような絶景が待っています。逆に、天気が悪い日には日常では絶対に味わう事のできない氷点下10℃の極寒の雪山を体験でき、天気がよくても悪くても楽しむことができます。

防寒具のレンタルもありますので、スノーブーツなどをお持ちでなくても、手ぶらで行くことができます。

また、スキーやスノーボードの方は、ガイドを付けることで山頂から一気に、自然の山を滑り降りることもできます。パウダースノーの自然の中を滑り降りるのは本当に気持ちがいいので、スキーやスノーボードをする人には、本当におすすめです。

           
名称 みやぎ蔵王の樹氷めぐり
住所 宮城県刈田郡 蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内
電話番号 0224-85-3055(すみかわスノーパーク)
営業時間 9:00〜16:00
定休日 なし
平均予算 大人5300円・子供4400円
クレジットカード 利用不可
最寄駅 仙台駅(有料送迎バスあり)
アクセス 仙台駅から有料送迎バスを利用いただくと2時間ほどですみかわスノーパークへと到着します。予約制です。
駐車場の有無 有り
駐車場に関するコメント 冬季の道路状況を確認のうえ、降雪や凍結に注意してください。

参照元:http://www.zao-sumikawa.jp/index.html

60万個の光が美しく彩る 「定禅寺通り 光のページェント」 

2017年で32回目となる仙台市の冬の風物詩である、「光のページェント」。今年は12月8日(金)~31日(日)まで行われます。

仙台の中心部にある定禅寺通りの160本のケヤキの木に60万のイルミネーションが美しく輝き、街を彩る様は息をのむ美しさです! 近くにある勾当台公園や市民広場には、多くのイベントブースやスケートリンク等が設置され、毎年多くの観光客が訪れています。

「設置される60万個の電球の中にはひとつだけピンクの電球が仕込まれていて、それを見つけると幸せになれる」という都市伝説は宮城県民の間ではとても有名で、私も探しにいきましたが、見つけることができませんでした。
ちなみに、公式ホームページの「よくある質問」では、ピンクの電球の存在は把握していないことになっています。

ピンクの電球を探すのもいいのですが、おすすめは「スターライトウィンク」と呼ばれる再点灯のタイミングです。60万のライトがいったん消え、再点灯するときの美しさは圧巻です! 18時から1時間ごとに毎日3回行われますので、ぜひ見に来てください。

12月の夜間のイベントですので、近くでご飯でも食べようと考えているそこのあなた! この時期の定禅寺通りにある飲食店は、予約がとっても困難です!お早目にご予約を!

           
名称 光のページェント
住所 宮城県仙台市青葉区 定禅寺通り
電話番号 022-261-6515
営業時間 点灯時間 日曜~木曜 17:30~22:00 金曜・土曜 17:30~23:00 12月24日(日)23:00消灯 12月31日(日)24:00消灯
定休日 なし
平均予算
クレジットカード
最寄駅 地下鉄 勾当台公園駅
アクセス 勾当台公園駅を定禅寺通り方面に出てください
駐車場の有無 無し
駐車場に関するコメント 近隣にコインパーキング多数あり

参照元:http://www.sendaihikape.jp/

ウィスキー好きの方におすすめ! 「ニッカウヰスキー 仙台工場」

日本に2か所あるニッカウィスキーの工場のうちのひとつ「ニッカウヰスキー 仙台工場」は、仙台から車で約40分の場所にあります。近くに作並温泉などの温泉地があるので、作並温泉に行かれる方にはぜひ行ってほしいスポットです。

工場内では作業工程を見学することができます。

工程が進むにつれ、最初は麦芽の甘いにおいに包まれていた工場内が、だんだんとアルコールの香りに変わってきます。

貯蔵庫では、ウィスキーの原酒を寝かせる樽の中の様子も紹介されています。熟成された期間によって全く変わるウィスキーの香りが印象的でした。

見学の最後には飲み比べコーナーも用意されています。

NHKのドラマで話題になったニッカウヰスキー。創業者がこの地を選んだ理由なども案内されており、日本のウィスキーの歴史が詰まっています!

ウィスキー好きの方はぜひ訪れてみてください。

           
名称 ニッカウヰスキー 宮城峡蒸溜所
住所 宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地
電話番号 022-395-2865
営業時間 9:00〜16:30
定休日 年末年始
平均予算
クレジットカード 売店での利用可
最寄駅 作並駅
アクセス 土日祝日は、作並駅より無料シャトルバスがあります。平日は市営バスのニッカ橋で下車すると目の前に看板があります。
駐車場の有無 有り
駐車場に関するコメント 無料駐車場有

参照元:http://www.nikka.com/

震災後に移転。地元に愛された水族館 「仙台うみの杜水族館」

東日本大震災で閉鎖してしまった「マリンピア松島」から移転リニューアルオープンした「うみの杜水族館」。

仙台港にある商業地帯にあり、仙台駅からは車で30分ほどの距離にあります。

約300種、5万点の生きものを見ることができます。

中では様々なイベントが行われており、海の生きものを直接触れることの出来る水槽や、ペンギンの餌付け、ペンギンやオタリアとのふれあいなどが子供たちには人気です。

イルカショーなどのイベントプログラムもありますが、おすすめはバックヤードツアー! 普段見ることの出来ない水族館の裏側を飼育員さんの案内で見て回ることができるツアーです。

大人も楽しめるイベントになっていて、水槽を裏側から見ることができたり、まだ表には出せない展示準備中の珍しい生きもの、傷ついた生きものを治療している様子などを見ることができ、みなさんの知らない水族館の裏側を知ることができます。

1日2回のツアーで、入館後すぐに受付可能です。人数に制限がありますので、来場の際にはかならずチェックして体験してください。

           
名称 仙台うみの杜水族館
住所 宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6番地
電話番号 022-355-2222
営業時間 9:00〜18:30 *季節によって営業時間に変動があります。
定休日 年中無休
平均予算 大人2100円・中高生1600円・小学生1100円・幼児600円・シニア1600円
クレジットカード 利用可(チケット売り場のみ)
最寄駅 中野栄駅
アクセス 中野栄駅南口より中野栄駅前交差点で国道45号線を横断しそのまま直進。 出花交差点で県道10号線(産業道路)を横断し、次の交差点を右折。
駐車場の有無 有り
駐車場に関するコメント 駐車場800台

参照元:http://www.uminomori.jp/umino/

まとめ

今回は、宮城の玄関口である仙台からのアクセスの便利さなども含め、おすすめのスポットを紹介させていただきました。

ほかにも宮城の有名なところでは、秋保大滝や白石城、蔵王キツネ村などもよく聞くスポットですが、秋保大滝はアクセスが不便で周りに何もなく、車を降りてからかなりの山道を歩くのがちょっと大変です。白石城は私の生まれ育った町にあるのですが、みなさんが思い描いているような立派な天守閣ではないので、本当に歴史が好きな方でないと拍子抜けしてしまうかもしれません。また、蔵王キツネ村も、海外動画などで有名になりましたが、アクセスに難があるので、それであれば他のスポットを観光するのがおすすめです。

今回おすすめしたスポットは、宮城に来る方には本当に行ってみてほしいスポットです。ぜひ参考にしていただき、宮城の旅を楽しんでもらえたらうれしいです。