【鳴子温泉郷】一度は泊まりたい!大崎市「鳴子温泉」の人気宿5選

宮城県の北西部に位置する「鳴子温泉郷」は、鳴子温泉、東鳴子温泉、川渡温泉、中山平温泉、鬼首温泉の5ヵ所の温泉地からなる一大温泉郷です。なんと1000年を超える歴史を持ち、源義経や松尾芭蕉も訪れたとされています。

そんな鳴子温泉郷には400本近くの源泉があり、日本にある11の泉質のうち9種類が集まっていて、湯めぐりを楽しむことができます。今回は温泉郷の中心部にあり最も大きい温泉街「鳴子温泉」の人気宿をご紹介します。

「鳴子温泉郷」には温泉のほかにもさまざまな魅力があり、紅葉の名所や人気のスキー場・ゴルフ場などのレジャー施設、歴史探索なども楽しめるスポットがたくさんあります。次のお休みは鳴子温泉に訪れてみてはいかがでしょうか。

国の登録有形文化財!元祖うなぎ湯の宿「ゆさや旅館」

http://www.yusaya.co.jp/

創業380年を誇るゆさや旅館。伝統ある木造二階建てで純日本建築の建物は国の登録有形文化財にも指定されています。お風呂はアルカリ泉の「うなぎ湯」、硫黄泉の「滝の湯」、貸切露天風呂の「茜の湯」と3種類あり、館内での湯巡りも楽しめます。

ゆさや旅館の名湯である「うなぎ湯」の泉質は芒硝泉でアルカリ泉とも呼ばれます。とろりと滑らかで、美肌効果が期待される泉質です。天候や気温の変化で湯の色がエメラルドやカラス色に変わることから神秘の温泉と言われています。

また、こちらの旅館では猫が専務を努めているそうで、「しまお専務」という猫が勤務されているそうですよ♪最近では、しまお専務目当てのお客様も多いのだとか・・・!「うなぎ湯」を体感したい、伝統ある館内の雰囲気を味わいたい、しまお専務に会いたい方におすすめのお宿です。

おすすめポイント

http://www.yusaya.co.jp/dinnerbf/

お食事は季節の旬を取り入れた月替わりの山里料理で、お米は減農薬有機栽培米の「ひとめぼれ」や「ササニシキ」を使用。朝・夕ともに部屋食が基本となっていて、ゆっくりとお食事を満喫することができます。もちろん、グループでの宿泊の際は宴会場でのお食事も可能です。

アクセス

基本情報

鳴子こけしがお出迎え!「鳴子ホテル」

http://www.narukohotel.com/plan/

創業140余年の湯治文化を伝承する鳴子ホテル。エントランスホールには鳴子こけしが展示されています。女将は元アナウンサーで、スタッフとともに明るいおもてなしをしてくださいます。

鳴子ホテルには源泉が硫黄塩泉、硫酸塩泉、ナトリウム塩化物泉の3種類あり、お風呂は「玉の湯」、「芭蕉の湯」、「青畳石露天風呂」、「高野槇桶露天風呂」の他、貸切風呂もあります。

お食事はこだわりの地元食材を使用した、「みちのく料理」のバイキング。選べる旬のお料理で、お子様連れのファミリーにも嬉しいですね。また、和食会席料理のプランもあり、味はもちろん、工夫を凝らした盛り付けに目でも楽しめるお料理となっています。

おすすめポイント

http://www.narukohotel.com/okami/2014/11/post_637.html

鳴子ホテル紅葉館3階には2000体のこけしがずらりと並び、大きさや形、表情など様々なこけしを見ることができます。また、エントランスホールには鳴子こけしの他、日本の画家である福田豊四郎の「夕鶴」が展示されており、これらの美術品をじっくりと眺めたい方にもおすすめです。

アクセス

基本情報

無料のおもてなしが魅力!「湯元吉祥」

https://www.hotespa.net/hotels/kissho/facilities/#lnk_omo

次にご紹介するのは、様々なおもてなしサービスが嬉しい湯元吉祥。チェックイン後のラウンジでは、ウェルカムドリンクのサービスがあり、大窓から中庭を眺めながらゆったりとしたひとときを過ごすことができます。また、20時~24時の間は甘酒の提供もあります。

お部屋に用意してある館内着は作務衣ですが、1階の想ひ出横丁には「浴衣処」があり浴衣の無料貸出をされています。色とりどりの浴衣の中から好みのものを選んで身にまとうことで湯めぐりをより一層楽しめそうですね。

そんな吉祥の湯は「低張性アルカリ性高温泉」「アルカリ性」の泉質で、クレンジング効果のある『美肌の湯』といわれています。お風呂は大浴場、露天風呂の他に4つの貸切風呂があり、どれも予約不要の先着順、無料で利用することができます。浴場の大きさも様々で、2名~8名まで入ることができますのでグループや家族での利用も可能です。

おすすめポイント

https://www.hotespa.net/hotels/kissho/facilities/#lnk_omo

1階の「一庵」では2230分~2330分の間「夜鳴きそば」をいただくことができます。ちょうど少しお腹が空いてくる時間、やさしく小腹を満たしてくれます。さらに、お風呂上がりの湯上り処ではアイスキャンディーの提供も!お風呂で火照った体に冷たいアイスで心も体もリフレッシュできそうですね。

アクセス

基本情報

仙台牛取扱指定店、伝統の宿「旅館すがわら」

http://www.ryokan-sugawara.com/onsen.html

宮城県内の旬の素材を取り入れた御膳が魅力の旅館すがわら。天然温泉は自然そのままに掛け流しており、日本温泉協会が星4つの評価をしたお墨付きです。泉質は塩化物泉で天然の美肌成分が多く含まれていて、入浴後はお肌がしっとりする美肌の湯として知られています。お風呂は全部で9種類あり、内湯、露天、足湯の他に4つの貸切風呂があります。貸切風呂は予約不要、無料で24時間利用可能です。

おすすめポイント

http://www.ryokan-sugawara.com/ryoukin.html

旅館すがわらは仙台牛取扱指定店として認証を受けた宿で、A-5とB-5の最上級ランクと評価された仙台牛を味わうことができます。仙台牛料理は、ステーキ、すき焼き、みそステーキの3種類の食べ方から選べ、一人ずつの好みに合わせて選択が可能です。また、仙台牛がメインの宿ではありますが、牛肉が苦手な方の為に特製海鮮料理への変更や苦手な食材・アレルギーへの対応もしてくださいます。(3日前までに要連絡)

仙台牛に舌つづみをうち、館内での湯めぐりを楽しみたい方におすすめの宿ですね。

アクセス

基本情報

20194月オープン!大人の隠れ家「鳴子風雅」

https://asp.hotel-story.ne.jp/

2019年4月にリニューアルオープンする「鳴子風雅」。全24室が上質な空間として生まれ変わります。大人のための隠れ家として、ゆったりと静かに寛げる空間が提供されるそうですよ。

温泉は内湯・露天風呂ともに源泉掛け流しで、泉質は含食塩-硫黄泉で、神経痛や筋肉痛、関節痛などに効能があります。有料で露天風呂を貸し切ることも可能ですので、大切な人とゆっくり温泉に浸かりたいという方にはおすすめです。

おすすめポイント

https://asp.hotel-story.ne.jp/

注目は、ステーキを中心とする創作和食会席の食事です。お食事処にライブキッチンが併設され、味覚だけでは無く目で見ても楽しく、さらには音や香りでも食欲をそそります。

アクセス

基本情報

  • 住所:大崎市鳴子温泉字湯元55
  • 電話番号:03-5312-8428(開業準備室:2019年3月現在)
  • 公式サイト:https://www.naruko-fuga.com

■まとめ

いかがでしたでしょうか。それぞれの宿が工夫を凝らしたおもてなしを提供してくれる鳴子温泉。こだわりの地元素材を使用したお食事に舌鼓を打ちながら、四季折々の自然豊かな景色を満喫し、泉質多彩な湯めぐりを楽しんでみてくださいね。

編集部

関連記事