イベント情報

2018.3.28

【一目千本桜】大河原町の桜を見に行こう!【おおがわら 桜まつり】

宮城県でも、1・2を争うほど人気のお花見スポットが、柴田郡大河原町の『白石川堤一目千本桜』です。大河原町からお隣の柴田町にまたがり全長8km、総本数およそ1200本の桜が白石川の堤防に沿って植えられています。

今回は4月5日(木)~4月19日(木)まで開催される『おおがわら桜まつり』をご紹介します。

おおがわら桜まつり 概要

毎年県内外から20万人以上の観光客が訪れ、最近は海外からの観光客も増えて来ました。会場やパンフレットには外国語表示をするなど、より多くの人に楽しんでもらえるようになっています。

期間 4月5日(木)~4月19日(木)

   観光物産協会売店や各種出店は10:00~

会場 白石川公園(大河原橋~末広橋 間)

問い合わせ先

・大河原町商工観光課
 TEL:0224-53-2659
 大河原町のWEBサイトはこちら

・おおがわら桜まつり会場本部(桜まつり期間中)
 TEL:0224-52-6688

夜桜ライトアップ

『おおがわら桜まつり』の期間中は白石川沿いの桜並木がライトアップされており、白や桜色、淡い紫色のLEDライトが夜桜を鮮やかに照らし出し日中とはまた違った、幻想的な夜の桜を楽しむことができます。

対岸から見ると白石川の川面に光り輝く桜が鏡のように映し出され、その美しさに心を奪われてしまいます。

ライトアップは18:00~22:00。川の側というのもありますが、開催期間中はまだ夜は寒いので、防寒対策をお忘れなく!

お花見屋形船

桜まつり会場から韮神堰(ニラガミゼキ)手前までの往復2.3kmの「お花見屋形船」。船上から見る桜は、また違った角度で楽しめます。

時間:10:00~16:00

料金:中学生以上 1500円

   小学生     800円

   小学生未満  無料

期間限定販売 お花見弁当

大河原町内や近隣の町にある飲食店が期間限定で発売している『お花見弁当』。春の地元食材を詰め込んだ豪華なお弁当を楽しむことができます。

お電話で4日前までに各店舗へ予約いただき、ご来場当日は桜まつり会場内の特設ブースで11:00~13:30の間に受け取ることができます。

お花見弁当についてはこちらでもご覧いただけます。

桜まつり会場の駐車場

桜まつり開催中は、白石川河川敷に一般車用の臨時駐車場、大河原駅前や近隣施設には大型バス用の駐車場が用意されます。

料金

・河川敷臨時駐車場:一般車 500円/台

・バス専用駐車場:3000円/台

 駐車場の位置についてはこちらでご確認いただけます。

桜まつり期間中は、近隣道路がとても込み合います。会場は大河原駅から3分ほどの場所ですので、電車で行くのがおすすめです。

まるでお花見列車!JRが徐行運転となります

桜並木のすぐ隣を走る、JR東北本線の大河原駅~船岡駅間の徐行運転が10:00~16:00の間行われます。

これだけでも、電車で行く価値がありますね。

休日や桜の見ごろの時などは、駅も込み合いますので事前に往復切符を購入するなどの準備をしておくと良いですよ!

桜の見ごろはいつ?

毎年平均して、開花から5~7日程で満開になるようです。

以下に開花予想サイトのリンクを張っておきますので、チェックしてみてください。

さくら開花予想 2018
https://sakura.weathermap.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。一目千本桜は、ソメイヨシノという桜の種類が多くその寿命は60年とも言われてきました。1923年(大正12年)に植えられた桜の苗木が90年以上たった今でも、毎年きれいな花を咲かせているのは、街のシンボルとして大切にされている証しです。そんな貴重な桜が、残雪の蔵王連峰を背に一斉に花開く様子をぜひ、ご覧になってみてください。