生活情報

仙台駅

2018.3.27

海外旅行に行く前に!仙台でパスポート取得に関する手続きまとめ

家族や友人同士で旅行に行く。仕事で海外への出張に行く。そんなとき必要なのがパスポート。

一般旅券と呼ばれ、上の写真にあるように紺色と赤色のものがあります。「海外に出るときに必要というのはわかるけど、いったいどこに行ってもらってくればいいの?」なんて方もいると思います。

そこで今回は、仙台でパスポートを新規取得する際の手続きについてまとめて紹介いたします。

1.パスポートの種類は2種類

パスポートは10年と5年の2種類あります。20歳未満の方は5年のパスポート、20歳以上の方は10年と5年のどちらかを選ぶことができます。10年のものが赤色、5年のものが紺色です。

2.申請に必要な書類

  • ①一般旅券発給申請書
    各パスポート申請窓口と県内各市区町村の住民登録窓口で配布しているほか、郵送で入手することもできます。
  • ②戸籍謄本
    戸籍謄本の取得方法についてはこちらでもご紹介しております
  • ③写真
    使える写真は以下のとおりです。
    • 写真の大きさ:縦45ミリ×横35ミリ
    • 顔の長さ(頭頂部からあごまで):32ミリ~36ミリ
    • 写真の上端から頭頂まで:2ミリ~6ミリ
      (頭髪のボリュームが極端に大きい場合は髪を含まない)
    • 申請者本人のみを撮影したもの
    • 6か月以内に撮影したもの
    • ふちなし、正面向き、無帽、無背景、顔や背景に影のないもの
    • 画像が鮮明であること(焦点が合っていること)
    • 明るさやコントラストが適切であるもの
    • 白黒でもカラーでも可
    • デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し画質が適切なもの
    ※パスポートセンターで申請される場合、県庁2階の売店で写真を撮ることができます。
  • ④本人確認書類
    次のものは1点で本人確認の書類になります。
    A
    • 日本国旅券(有効パスポートまたは失効後6か月以内)
    • 身体障害者手帳(写真貼り替え防止がなされているもの)
    • 運転免許証
    • 個人番号カード(マイナンバーカード)
      ※個人番号(マイナンバー)通知カードはお取り扱いできませんのでご注意ください。
    • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)
    • 住基カード(写真付)
    • 小型船舶操縦免許証
    • 宅地建物取引主任者証
    • 船員手帳
    • 電気工事士免状
    • 無線従事者免許証
    • 猟銃・空気銃所持許可証
    • 海技免状
    • 官公庁職員身分証明書(写真付)
    Aのものが用意できない場合はB+BまたはB+Cの2点で本人確認の書類になります。
    B
    • 健康保険証
    • 厚生年金手帳(証書)
    • 国民健康保険証
    • 国民年金手帳(証書)
    • 共済組合員証
    • 共済年金証書
    • 船員保険証
    • 船員年金手帳(証書)
    • 介護保険証
    • 後期高齢者医療被保険者証
    • 恩給証書
    • 印鑑登録証明書と登録印
    C
    • 学生証(生徒手帳)(写真つき、生年月日等あり)
    • 資格証明書(写真つき、生年月日等あり)
    • 会社の身分証明書(写真つき、生年月日等あり)
    • 在学証明書
    • 給与所得者の源泉徴収票
    • 療育手帳
    • 母子手帳(小学生以下)
    • 医療受給者証
    • 身体障害者手帳(A欄以外のもの)
    • 住民税の納税証明書
    • 日本国旅券(失効後6か月を経過したもの)

※宮城県外に住民登録をしている方は、①~④以外に「住民票の写し」が必要です。

3.パスポートの申請窓口

申請は、住民登録(住民票のある)している都道府県での申請が基本です。宮城県内に住民登録している方は宮城県の窓口へ申請となります。

宮城県外に住民登録していて、仙台に住む学生や長期出張等で仙台にお住まいの方も、別途書類が必要ですが、宮城県の窓口で申請することができます。

窓口 受付時間
受付時間 月曜日~金曜日 8:30~16:45
住所 〒980-8570
仙台市青葉区本町3-8-1
(県庁1階、国際企画課 旅券班)
電話番号 022-211-2278

※祝日、年末年始(12月29日から1月3日)はお休みです。

4.パスポートの申請から受け取りまでの日数

窓口で申請をしてから受け取りまでは土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除いて、7日間かかります。

受け取りは日曜日(9:00~16:45)も可能です。

5.宮城県に住民登録していない方(居所申請)

学生・長期出張者・単身赴任者(既婚の方)・船員・一時帰国者の方などは、宮城県に住民登録していなくともパスポートを申請することができます。事前にパスポートセンターまでお問い合わせが必要となります。

学生の方
  • 住民票(6か月以内に発行されたもの)
  • 学生証 または 在学証明書
  • 居所の確認ができる次のいずれかの書類(学生証や在学証明書に居所が記載されているときは不要です)
    1. 居所に郵送された申請者宛の最新の郵便物(おおむね1か月以内の消印で、官公庁発行のもの又は公共料金の請求書が望ましい)
    2. 居所の賃貸証明書(原本)
      ※契約期間内であることが確認できるもの。
    3. 在寮証明書
長期出張者・単身赴任者(既婚の方)
  • 住民票(世帯全員分が望ましい / 6ヶ月以内に発行されたもの)
  • 居所証明書(原則として出張または転勤を命じた本社発行のもの)
船員の方
  • 住民票(6か月以内に発行されたもの)
  • 船員手帳
  • 居所(停泊地)を証明する船長の証明書(船名、船長名、停泊場所、停泊期間、所属会社の名称および連絡先が記載され、船長の記名・押印又は署名があるもの)
    または、所属会社の証明書(所属会社等の名称・連絡先、居所での居住期間および居所が明記されたもので所属会社等の押印のあるもの)
一時帰国の方
一時帰国者であることが確認できる、査証又は再入国許可のあるパスポート、外国人登録証、永住証明書、再入国許可証などのうちから1点(これらの書類がないときは、戸籍の附票)

6.代理提出

パスポートの申請は、申請者の指定する方が代わりに申請書を提出することができます。

申請書を代理提出する場合には、必ず申請者ご本人が署名・記入しなければならない欄がありますので、前もって申請書を入手する必要があります。申請書はパスポートセンターで配布しています。

旅行会社等の方による5人を超える代理提出の場合は、パスポートセンターへ事前予約が必要なので注意が必要です。

7.手数料について

手数料は、パスポート受取時に「収入印紙」と「宮城県収入証紙」を申請時に渡される「引換書(受領書)」に貼って納めてください。パスポートセンターのある県庁の売店で購入可能です。

新規発行の場合の手数料
項目 手数料の金額
国の収入印紙 宮城県の収入証紙
10年間有効 14,000円 2,000円 16,000円
5年間有効 9,000円 2,000円 11,000円
子ども(12歳未満) 4,000円 2,000円 6,000円

8.パスポートの受け取りについて

パスポートは本人以外の受け取りできません。乳幼児の場合でも本人が受け取りに行く必要があります。

代理人による受け取りや郵送による受け取りはできません。

発行日から6か月以内に受け取りに行かなかった場合は、失効となり受け取ることができなくなるため注意が必要です。申請の際に渡される一般旅券受領証に交付日が記載されてますので、交付日になりましたら早めに受け取りに行きましょう。受け取りは日曜日でも可能です。

※一般旅券受領証(引換書)を紛失された方は、あらかじめ県パスポートセンター(電話:022-211-2278)に連絡のうえ、本人確認のための書類(運転免許証や健康保険証等)を1点ご持参いただき、交付窓口にお申し出ください。

9.まとめ

今回はパスポートの新規申請についてご紹介しました。写真の規定が特に細かいため注意が必要です。パスポートは海外に出た際だけでなく、自分の身分を証明できる大切なものです。受け取った後は、大切に保管しましょう。