おでかけ

2018.4.18

【日本三大瀑布】絶景!仙台の名所・秋保大滝を見に行こう!

仙台駅から車で約1時間のところにある日本三大瀑布と呼ばれる「秋保大滝」。日本の滝百選に選ばれ、国の名勝にも指定されています。高さ55mから流れ落ちる豪快な姿を一目見ようと、毎年多くの観光客が訪れています。

今回は、そんな「秋保大滝」の豪快さをみなさまに紹介します。

まずは「秋保大滝不動尊」でお参り

秋保大滝不動尊

秋保大滝に隣接する「秋保大滝不動尊」こと「滝本山西光寺」。平安時代の僧「慈覚大師 円仁」が秋保大滝で100日間修行をし、山形の立石寺を開山したと言われていることから「立石寺の奥の院」とも呼ばれています。

この「秋保大滝不動尊」ですが、欄干のどこかに『鯉』が彫られているそうです。その『鯉』を見つけた人は、良縁に恵まれると言われています。訪れた際にはぜひ探してみてください。

山道を下り、滝壺へ

秋保大滝不動尊の裏手から階段を下り進むと滝の姿を上から見ることができるのですが、今回の目的地はそこではありません。さらに進み、茶屋の前を通り山道に入っていきます。

山道

看板通りに進むと、こんな山道に出ます。まるで獣道です。

けもの道

右手に看板を見つけました。近寄って見てみると……

けもの道アップ

「不動堂 近道」とあります。まさか「秋保大滝不動尊」からの近道があったとは……! 「帰りには見失わないようにしよう」と思いながらさらに下ります。

日本三大瀑布「秋保大滝」

秋保大滝 中

山道を下り、橋を渡ってさらに山道を下ると「秋保大滝」が見えてきました。55mの高さから流れ落ちる水の勢いで、とても激しい水しぶきが舞っています。

滝壺

さらに近くに寄ってみました。ますます水しぶきが激しく、風も吹いています。ここ秋保大滝が「マイナスイオンの発生量 日本一」と言われているのも納得です……!

秋保大滝 川

滝壺まで行く場合は遊歩道を下ります。

かなり距離が長く、斜面もとても急で、滝壺から飛んでくる水しぶきで足元がぬかるんでいるので、汚れてもよいスニーカーなどで来ることをおすすめします。

秋保に行ったらお土産は「さいちのおはぎ」

おはぎ

秋保の温泉街にある「主婦の店 さいち」。テレビをはじめ、さまざまなメディアで紹介され、多くの方がこの「おはぎ」を求めて訪れる有名なお店です。

主婦の店 さいち

週末、平日問わず多くのお客さんが「おはぎ」を買いに訪れ、1日5,000個以上売れることもあるそうです。

その味は、甘さ控えめでどこか懐かしい素朴な味。1パック3個入りで販売されていますが、店頭に並ぶと同時にお客さんが手に取り、あっという間に売り切れてしまいます。

主婦の店 さいち
住所 宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師27
電話 022-398-2101
営業時間 9:00~19:30

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は日本三大瀑布のひとつ、秋保大滝についてご紹介しました。春には鮮やかな新緑が広がり、秋には紅葉で色づく木々がまた違った景観を見せてくれる素敵な場所ですので、ぜひ一度足を運んでみてください。

名称 秋保大滝
住所 宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝西向
電話番号 -
営業時間 -
定休日 -
平均予算 -
クレジットカード -
最寄駅 -
駐車場の有無 有り