行政情報

2018.1.23

避難情報はここでチェック!仙台市の防災についての取り組みをご紹介

東日本大震災から7年の月日が経とうとしています。

震災当時、私は仙台市におりました。震災を経験して当時を思い起こしてみると、避難所や給水場所などの情報を得ることが本当に大変でした。そのため、毎日外を歩き回り情報を集め、その情報をTwitterで拡散したりしていました。

今では多くの人が、スマートフォンを利用して情報を得ることができるようになりましたし、市や県などもSNSを通じで防災の呼びかけや、危機情報などの発信をしていますね。

今回は、仙台市の防災の取り組みとして発信されている情報サイトやメールサービス、SNSについてご紹介します。

①簡単操作で避難情報を知ることができる
仙台市避難情報ウェブサイト

 

災害時に、避難情報を早くわかりやすくお知らせしてくれる「仙台市避難情報ウェブサイト」。

・URL http://hinan.city.sendai.jp/

スマートフォン、パソコン、携帯電話の簡単な操作で、お住まいの地域などの災害情報や避難指示情報、付近の指定避難所(3箇所)の情報を確認することができます。

http://hinan.city.sendai.jp/

基本的には、地域をクリックするだけなので、お子様からご年配の方まで簡単に利用できるサイトになっています。

 

http://hinan.city.sendai.jp/

最初の画面から3の若林区を選ぶと、次は【あ】から始まる町名が50音順に並びます。その後、調べたい町名を選択すれば下の写真のように今の情報が表示されます。

http://hinan.city.sendai.jp/

 

下のQRコードをスマートフォンや携帯電話で読み取り、お住まいの地域等をブックマークしておくと、いざという時にすぐに確認することができます。

・仙台市避難情報ウェブサイト QRコード

Twitterとの連携

サイトで避難情報が発表されると同時に、「仙台市危機管理室Twitter」でも避難情報を自動配信します。

②災害時の緊急情報アラートも鳴らしてくれる
仙台市危機管理室Twitter@sendai_kiki

https://twitter.com/sendai_kiki

先に紹介した「仙台市避難情報ウェブサイト」とも連携している、仙台市危機管理室のTwitter公式アカウント。地震や津波情報、気象情報なども発信していますが、Twitter公式アプリを利用し事前に登録することで「Twitterアラート」という緊急事態の特殊な配信を受け取れるようになります。

Twitter公式アプリをスマートフォンへインストールしていただき、仙台危機管理室Twitterをこちらからフォローできます。

・QRコードはこちら

アラートの設定について

画像右上の、フォロー中の隣にあるベルのマークをタップしていただくと、アラートはオンです。との表示が出ますのでOKをタップして、アラートの登録が完了です。

ツイッターのアカウントをお持ちでない方は、こちらを参考にアカウント作成してから利用ください。

③気象情報や地震情報、火災情報などもメールで届く
杜の都防災メール

http://sendaicity.bosai.info/sendaicity/bosaimail/index.html

仙台市消防局が情報発信しているウェブサイト「杜の都防災Web」にあるメールサービスです。こちらもスマートフォン・パソコンはもちろん携帯電話でもメールアドレスを登録することができます。

仙台市内の、火災などによる消防車両の出動状況や気象情報、津波情報に地震情報などのメールが配信されるサービスです。

登録は、こちらにアクセスし空メールを送信すると、登録用のメールが届きますので登録フォームを入力するだけで完了となります。

携帯電話の場合は、下記画像のQRコードより登録してください。

http://sendaicity.bosai.info/sendaicity/bosaimail/index.html

まとめ

東日本大震災の当時は、インターネットも利用できなくなりましたし、電気が止まったのでスマートフォンを利用することも困難でした。1つ目に紹介した【仙台市避難情報ウェブサイト】で、事前に避難所などの確認をしておけば、いざという時に慌てることなく避難所へ向かうこともできますね。万が一の備えに、ぜひ一度ご確認を!