おでかけ

2018.4.18

【仙台大観音】仙台市内を一望もできる!気になる見どころまとめ

仙台大観音

仙台市泉区の中山にある「仙台大観音」。仙台に住んでいる方や、仙台に来たことがある方であれば、おそらく一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。仙台駅から車で30分ほどの場所にありますが、その大きさから仙台駅前の高層ビルの展望台からもはっきりとその姿を確認することができます。

今回は、この「仙台大観音」についてご紹介します。

仙台大観音 概要

仙台の街を見守る、とても大きな観音様。それが「仙台大観音」こと、「仙台天道白衣大観音(センダイテンドウビャクエダイカンノン)」です。

台座を含めたその高さは、なんと100mもあり、茨城県にある牛久大仏に次いで日本で2番目の大きさを誇ります。

仙台観音が鎮座する中山の開拓をしたひとりの熱心な信徒が「自分が成功できたのは観音様のおかげである」と信じ、仙台市内を一望できる場所に仙台の中心である仙台駅を見つめるように1991年(平成3年)に建立しました。

名称 仙台天道白衣大観音
所在地 宮城県仙台市泉区実沢字中山南31番地の36(大観密寺 敷地内)
参拝時間 夏季(5/1~10/31)10:00~16:00
冬季(11/1~4/30)10:00~15:30
参拝料金 参拝無料。
ただし、参拝には守護札が必要(高校生以上 ひとり 500円)

観音様の胎内へ

大観音入口

さっそく観音様の足元から入り口へと進みます。階段を上り、「龍の口」より中へと進みます。

大観音 模型

中に入ると、観音様の模型とともに参拝順路が書かれている案内板が目に入ります。

観音様の内部は12層に分かれていて、1階から2階へは階段で、2階からエレベーターで12階まで上がり、そこから螺旋階段を下っていきます。

十二神将と三十三観音

受け付けを済ませると、まず見えてくるのは「十二神将」(右)と「三十三観音」(左)。

「十二神将」は信仰者を守護する十二体の武神で、菩薩時代の薬師如来の分身とも言われています。干支の守護神でもあるので、自分の干支の神将に無病息災や開運招福を祈願するといいそうですよ。

「三十三観音」は信仰者の悩みに応じて、帝釈天や毘沙門天などの姿になって迷い苦しんでいる人間を救ってくれると言われています。

ここを通り過ぎた先にある階段で2階へ上がり、そこから更に12階までエレベーターで上がります。

仙台観音の心臓部「御心殿」

御心殿

12階にある「御心殿」は地上68mにあり、観音様の心臓部にあたる場所です。金色に輝く塔には、仏教最高神で全ての命の根源とされる「大日如来」と、人々の願いを聞き届けてくれる宝の珠「如意宝珠」が安置されています。

御心殿のまわりの通路には小窓が設置されており、外の景色を眺めることができます。

観音様からの景色 北西

雲がなければ、泉ヶ岳まではっきりと見渡せます。

この写真では分かりにくいですが、東側からは海まで見渡すことができます。

煩悩を打ち払え!「百八胎内仏」

百八胎内仏

11階から3階まで続く「百八胎内仏」。各階に12体、合計108体の仏像が祀られています。

「108ある」と言われる人間の煩悩を、仏像を拝み、ひとつひとつ打ち払いながら進むことで、仏の教えである「悟り」に近づいてほしいという願いが込められています。

千手観音

108体の中には、馴染みのある千手観音や

仙台白衣大観音

仙台白衣大観音も祀られていました。

胎内

緩やかな螺旋階段で降りていくのですが、途中にあるエレベーターで降りることもできますし、ベンチで一休みすることもできます。自分のペースに合わせて参拝しましょう。

御朱印

大観音 御朱印

仙台大観音や大観密寺で御朱印の受け付けをしています。参拝の記念にぜひ!

御朱印:300円

縁結びの「油掛け大黒天」

油掛け大黒天 参道

縁結びご利益が有名の大黒天は「仙台大観音」の建立以前からこの地に鎮座していて、その参拝方法が珍しいことから多くの参拝者が訪れます。

油掛大黒天

大黒天様の両脇にある柄杓を使い、直接油をかけて拝む「浴油の作法」で良縁を願います。こちらにもぜひ、訪れてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した「仙台大観音」は、海外の映画撮影に利用された影響か、最近では外国人観光客が増えてきたそうです。海外の方にはどのように見えているのでしょう。ちょっぴり気になりますね!

取材当日は桜が咲き始めたころだったのですが、観音様の内部は吹き抜けだったため少し肌寒く感じました。12階まで上ったあとは下に降りるまでトイレがありませんので、参拝の前に済ませておくことをおすすめします。

           
名称 大観密寺・仙台大観音
住所 宮城県仙台市泉区実沢字中山南31番地の36
電話番号 022-278-3331
営業時間 参拝時間   夏季5/1~10/31 10:00~16:00   冬季11/1~4/30 10:00~15:30
定休日 -
平均予算 500円
クレジットカード -
最寄駅 仙台駅
アクセス 仙台駅から仙台市営バスを利用し仙台大観音前で下車すると、すぐ側に入口が有ります。 バスは3系統あります。 ・815系統 西中山行 ・825系統 西中山行 ・X910系統 市営バス実沢営業所前行
駐車場の有無 有り