おでかけ

2018.4.18

伊達正宗が築いた【仙台城跡】伊達62万石の歴史を見に行こう!

騎馬像

仙台観光の定番スポットと言えば、「仙台城跡」ではないでしょうか。仙台藩の初代藩主である伊達政宗が築いた居城跡として、多くの観光客が訪れる場所です。仙台城のあった青葉山には仙台市博物館もあり、伊達家から寄贈された多くの貴重な品々を見ることもできます。

【仙台市博物館】伊達家にまつわる貴重な資料や文化財を見に行こう!

天守台から大パノラマ

仙台城跡 パノラマ

仙台城跡の天守台広場から、北は泉ヶ岳の山々を、南は名取市や太平洋まで見渡すことができます。

伊達政宗騎馬像は2代目!?

騎馬像大

天守台にある伊達政宗の騎馬像が設置されたのは1935年(昭和10年)。伊達政宗没後300年を記念して設置されました。その後、1943年(昭和18年)戦時中に金属類回収令により撤去されてしまいます。そして戦後、頭から胸の部分だけが発見され、現在は三の丸跡地にある仙台市博物館の庭園に設置されています。

仙台市博物館にある初代騎馬像にあった伊達政宗公。現在は胸像として設置されています。現在の騎馬像は、同じ型から造られた2代目という事になりますね。

仙台城跡へは「るーぷる仙台」の利用がおすすめです

仙台市中心部の観光スポットを周遊している観光バス「るーぷる仙台」。伊達政宗にまつわるスポットの瑞鳳殿や大崎八幡宮等も回ることができます。ここ仙台城跡にある「青葉城資料展示館」の入館料が割引になるなどの特典もついていますので、仙台市内を観光される方は「るーぷる仙台」を使ってみてください。

観光バス【るーぷる仙台】で仙台市内をぐるっと観光しよう!

青葉城資料展示館

青葉城資料展示館

天守台のすぐそばにある資料展示館では、仙台城の復元模型や鎧兜、刀など戦国時代当時の様子を知ることができる資料が展示されています。

青葉城址

仙台城の精巧な模型が展示されています。このころの街作りは今の仙台市の基盤となっていて、橋の場所なども大きく変わってはいません。

仙台城跡 鎧

戦国時代に実際に使用されていた鎧兜で、鉄砲の弾痕なども見ることができます。

仙台城跡 刀

近年、若い女性にも戦国武将や日本刀の人気が高まっていて、資料展示館にも多くの方が訪れているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は仙台城跡についてご紹介いたしました。残念ながら当時のお城などは残っていませんが、アクセスも便利で周りにも多くの観光スポットがあります。伊達政宗をはじめとした、伊達家の歴史等に興味のある方にはぜひ来ていただきたい場所です。仙台に訪れた際には、ぜひ仙台城跡へ行ってみてください。

           
名称 仙台城址
住所 宮城県仙台市青葉区川内1
電話番号 022-222-0218
営業時間 入園自由 青葉城資料展示館9:00~17:00
定休日 年中無休
平均予算 青葉城資料展示館 個人:大人700円、中高生500円、小学生300
クレジットカード 利用不可
最寄駅 るーぷる仙台「仙台城跡」
アクセス るーぷる仙台「仙台城跡」下車すると目の前が入口です
駐車場の有無 有り
駐車場に関するコメント 有料駐車場(大型バス30台、普通車150台)