【人気観光スポット】最新完全版!塩釜市「塩釜仲卸市場」の歩き方

日本有数の生マグロ水揚げ量を誇る「塩釜仲卸市場」は東塩釜駅から徒歩15分の場所にあり、旬な魚や加工食品を購入することができます。

施設内にある5カ所のお食事処では取れたての魚を味わうことができ、食べたい海産物を購入して自由につくれる「マイ海鮮丼」や買った物を自由に焼いて食べることができる自由焼炉など、家族や友人とみんなで楽しめます。

今回は、塩釜水産物仲卸市場のおすすめポイントをご紹介したいと思います。

塩釜仲卸市場とは

http://www.nakaoroshi.or.jp/market/about

宮城県塩釜市の塩釜港は昔から遠洋漁業の基地として栄え、今でも国内有数のマグロの水揚げ量を誇る巨大な港です。今回ご紹介する「塩釜水産物仲卸市場」は、その遠洋で獲られたマグロだけでなく三陸沖の様々な海産物の流通の拠点となる市場です。

大きな市場内には中央組合、鮮魚組合、魚類組合、加工品組合の4つの組合から成る105の事業者がひしめき合っており、取引業者だけでなく一般客向けの小売販売にも力を入れています。

2011年の震災ではこちらの仲卸市場は海沿いにありながらも奇跡的に直接的な津波の被害を免れたそうで、現在の建物は創昭和41年の建当時のままとのことです。歴史ある仲卸市場は現在でも活気があり、多くの人を惹きつける場所となっています。

アクセス

塩釜水産物仲卸市場 概要

  • 名称:塩釜水産物仲卸市場
  • 運営:協同組合連合会塩釜水産物仲卸市場
  • 所在地:宮城県塩竈市新浜町一丁目20番74号
  • アクセス:仙石線東塩釜駅から徒歩15分
  • TEL:022-362-5518
  • 営業時間:平日午前3:00~13:00、土曜日午前3:00~14:00、日曜日午前6:00~14:00
  • 定休日:水曜日
  • 駐車場:有り 500台
  • WEB:http://www.nakaoroshi.or.jp/

塩釜のマグロブランド「三陸塩竈ひがしもの」

http://www.nakaoroshi.or.jp/

塩釜にはマグロのブランド「三陸塩竈ひがしもの」があります。三陸東沖で、秋口から冬場(9月〜12月)にかけてマグロ延縄船によって漁獲され、塩釜市魚市場に水揚げされる生マグロ類のうちメバチマグロのみ。

塩釜にいる日本一の目利き人(仲買人)の目にかなったものを「三陸塩竈ひがしもの」として売り出しています。全てのメバチマグロがこちらのプランドに認定される訳ではなく、以下の条件があります。

「三陸塩竈ひがしもの」の4つの条件

  • 親潮と黒潮がぶつかり合う三陸東沖漁場で鮪延縄船によって漁獲されるメバチマグロであること
  • 塩釜市魚市場に水揚げされ、秋口〜冬場にかけての期限限定であること
  • 天然もので、冷凍保存を施さない生のメバチマグロであること
  • 「鮮度」「色つや」「脂のり」「うまみ」などを兼ね揃えたもので、塩釜の目利き(仲買人)として誇りと確信をもって提供できるものであること

以上の条件を満たした40kg以上のメバチマグロだけが「三陸塩竈ひがしもの」と認定されます。

みんなで楽しめる!「マイ海鮮丼」「自由焼炉」

みんなでシェアしながら海鮮丼作り!「マイ海鮮丼」

https://www.facebook.com/pg/shiogamanakaoroshi/photos/?ref=page_internal

こちらの市場の名物「マイ海鮮丼」です!場内で自分が食べたい海産物を購入したら、6号売り場(場内は番号で区分けされていてわかり易い)のマイ海鮮丼コーナーでご飯セットを購入します。ご飯セットは一人400円で、プラス100円で大盛りにできます。購入した海産物を自分で綺麗に盛り付けて、自分だけのオリジナル海鮮丼を作って食べられます。

大人数の場合は刺身類などのパック入りのものを購入して、みんなでシェアして盛り付けるのも良いでしょう。好きな具材を好きなだけ食べられるのが堪りません。

こちらのマイ海鮮丼コーナーは午前6時半〜正午までの営業なので、朝ご飯またはブランチとして利用するのがちょうど良さそうです。土日祝日は午前6時半〜午後1時まで営業していますので、ランチの利用も可能です。水曜日は定休日となっているのでお気をつけください。

海鮮をその場焼いて食べられる!「自由焼炉」

http://www.nakaoroshi.or.jp/

次は、生物がダメな人でも大丈夫、マイ浜焼きが作れてしまうコーナー「自由焼炉」です。場内で購入したお好みの海産物を自分で焼いてその場で食べることができます。

焼き牡蠣、焼きホタテ、焼きエビ、焼魚など、生で食べられるくらい新鮮な食材を自分の手で焼いて食べられるのはなんとも贅沢ですよね。貝類は5〜10分、焼き魚は15〜20分ほどで焼きあがるそうです。こちらのコーナーはマイ海鮮丼の飲食スペース横にある扉から一度外に出て屋外にある焼炉を使って焼いて、食べるときには中に戻って食べていただく形になります。

平日は午前8時〜正午、土日祝日は午前8時〜午後1時までで。水・木曜が定休日となっています。

飲食店一覧

海鮮屋台どっとや

http://www.nakaoroshi.or.jp/market/restaurant

こちらのどっとやさんは、マグロのあら汁が大人気!その他にも穴子や海老、旬の海産物の天丼が味わえます。

基本情報

  • 所在地:6号売場外
  • TEL:022-367-1622
  • 営業時間:平日8:30〜12:00、土日祝日8:30〜13:00
  • 定休日:火・水曜日

魚類組合お食事処

http://www.nakaoroshi.or.jp/market/restaurant

こちらは上記で紹介した「マイ海鮮丼」のご飯セットを提供している魚類組合の運営するお店です。

海鮮丼以外にひつまぶしや鯛飯、はらこ飯やあさりご飯などの季節のかわりごはん、ソフトクリームも販売しています。海産物をたっぷり食べて、デザートにソフトクリームはいかがですか?

基本情報

  • 所在地:3号売場
  • TEL:022-364-636
  • 営業時間:7:00〜12:30(日曜・祝日のみの営業)

塩釜市場食堂 只野

http://www.nakaoroshi.or.jp/market/restaurant

人気No.1は具材がたっぷりと乗っかった「塩竈海鮮丼」ですが、自分で好きな具材が選べる「塩竈よくばり丼」も人気とのこと。

平日朝(6:00〜9:30)限定の「朝丼」はなんと1,000円!その日仕入れた新鮮なネタを使った海鮮丼で、とってもリーズナブルです。もし朝の時間帯に行かれる方はぜひお試しください。

基本情報

  • 所在地:1号売場
  • TEL:022-362-2737
  • 営業時間:平日6:00〜13:00、土日祝日6:00〜14:00
  • 定休日:水曜日

加瀬市場店

http://www.nakaoroshi.or.jp/market/restaurant

こちらはマグロ好きの方にぜひ行ってもらいたいお店です。大人気の「まるごと鮪丼」は、新鮮な赤身からトロの部分まで、文字通りマグロを丸ごと楽しむことができる一品です。

その他に、マグロの「なかおち丼」や「カニ&イクラ二色丼」などもあります。

基本情報

  • 所在地:8号売場
  • TEL:022-365-0242
  • 営業時間:平日7:00〜13:00、土日祝日7:00〜14:00
  • 定休日:水曜日

食材の買出しやお土産も選び放題!

http://www.nakaoroshi.or.jp/market/about

こちらの市場は店舗数や取扱い商品の種類の多さでは東北最大級です。新鮮な海産物はもちろんのこと、塩干加工品・凍魚・冷凍食品・珍味など豊富に取り揃えられています。

仲卸市場なので、目利きのプロが仕入れに来る場所ですが、一般客が卸値で購入できる全国でも珍しい市場です。鮮度や品質・価格についてはどんな鮮魚店やスーパーにも負けません。

クール宅急便での配送手続きも各店で対応してくれますので、食事や食材の買出しだけでなくお土産もぜひご購入ください!

まとめ

塩釜水産物仲卸市場、いかがでしたか?漁港直送の新鮮な海産物を卸値で購入できるというところが何よりも魅力ですよね。

そして活気のある市場のその場で食べる海鮮丼や浜焼きも最高です。塩釜市に来たら、ぜひ立ち寄ってもらいたいスポットです!

編集部

関連記事