観光

中野栄駅

2018.6.14

仙台うみの杜水族館のイルカショーなどおすすめのイベント情報まとめ

イルカのショー

仙台うみの杜水族館では、海や川の生き物の展示だけではなく、プロジェクションマッピングを利用したエンターテイメントプログラムや、観客席のすぐそばで繰り広げられるイルカとアシカのショー等、さまざまな楽しみ方ができる水族館として人気のスポットです。

最近では、宮城県での展示は20年ぶりとなる「スナメリ」の展示が話題となっています。

今回は、そんな仙台うみの杜水族館の中でもおすすめの展示やイベントについて、ご紹介します。

目の前で繰り広げられるイルカとアシカのパフォーマンス

アシカショー

仙台うみの杜水族館の「うみの杜スタジアム」で行われる、イルカとアシカのパフォーマンス。東北最大級の規模を誇るこのパフォーマンスは、プールとの仕切りをなくしているため、目の前でイルカとアシカのダイナミックな動きを見ることができます。

上の写真にあるような、イルカやアシカの大きなジャンプは見どころの一つですが、イルカとトレーナーの息の合ったパフォーマンスも必見です!

トレーナーを超えるイルカ

トレーナーの上を、イルカが飛び越えたり・・・

イルカに乗る

イルカに乗って水面を進んだり・・・

イルカと一緒に、空中に飛び出す大ジャンプはとてもダイナミック!

目の前にあるプールで繰り広げられるパフォーマンスは、本当に必見ですので、下のタイムスケジュールを参考に、ぜひご覧になってください!

◆タイムスケジュール(1回約20分間)

10:00 / 11:30 / 13:00 / 14:30 / 16:00

開催時間は、季節によって異なりますのでこちらから最新情報をご確認ください。

大水槽「いのちのきらめく うみ」の期間限定プログラム

大水槽「いのちきらめく うみ」

入り口から順路を通り、2番目に現れる展示が大水槽「いのちきらめく うみ」。

三陸の海を再現した幅14メートル×水深7.5メートルの水槽には、屋根が設置されておらず、太陽の光がそのまま巨大な水槽を照らしていて、自然の美しさを感じることができます。

このエリアでは、2018年7月13日まで「Sparkling of Life & Music~杜と生きる~」と題して、25000尾のマイワシが主役となり音や光とともにダイナミックな泳ぎを見せてくれます。また同時に、360°のプロジェクションマッピングが、天皇・床・壁面を彩ります。

360°プロジェクションマッピング

次々と変わる周りの景色に、お子様だけでなく大人も見入っていました。

スケジュールは1日4回。10時半、12時、14時、16時半で、1回10分程度です。

宮城では20年ぶりの「スナメリ」の展示

スナメリ

http://www.uminomori.jp/umino/21410/index.html

大水槽「いのちきらめく うみ」で、話題となっているのが、2018年3月から一般公開されている「スナメリ」です。

この「スナメリ」ですが、2017年の10月に東松島沖の定置網にかかってしまい衰弱していたため、仙台うみの杜水族館で保護、治療にあたっていました。

スナメリ 写真

取材当日は、大水槽の隅のほうを泳いでいて、その姿をはっきりと見ることはできず残念です。

まだ体も小さく1歳程度とみられており、これからの成長に期待して見守ってあげてください。

東北ではここだけ!人気のイロワケイルカ!

うみの杜水族館 イロワケイルカ

2階の「世界のうみ」と呼ばれるエリアで見ることのできる「イロワケイルカ」。

日本では、仙台うみの杜水族館と三重県の鳥羽水族館、和歌山県のアドベンチャーワールドの3つの水族館でしか見ることができない、とても珍しい展示です。

以前、宮城県にあった「マリンピア松島水族館」でもパンダイルカの愛称で親しまれていました。

水槽の中では、3頭のイロワケイルカがボールを使って遊んだり、競争するように泳ぎ回ったりする元気な姿を見ることができます。

オタリアとの「ふれあいプログラム」

オタリアとのふれあい

2階の「海獣ひろば」と呼ばれるエリアでは、アシカの仲間オタリアやペンギン、ビーバーの展示を半屋外の広場で見ることができます。

この広場では、普段ガラス越しにいるオタリアがお客さんの前まで出てきて、輪投げをしたり、ラッパを吹いたりして子供たちと遊んでくれます。

5月、6月の平日は1日1回、土日は1日2回のプログラムです。

5月、6月 平日 5月、6月 土日
11:50 11:50 / 15:30

あなたの描いた魚が泳ぎ出す「お絵かきアマモリウム

お絵かきアマモリウム

1階の「アマモ うみの揺りかご」エリアでは、「アマモ」と呼ばれる海草の役割や、その場所の生態系などを楽しみながら知ってもらうために「お絵かきアマモリウム」という体験コーナーがあります。小さなお子様に大人気の体験コーナーなので、ぜひ「アマモリウム」で遊んでみてください。

アマモリウムの遊び方

まずは、好きな生き物のシートを選んで色を塗ります。そのシートをスキャンすると、スクリーンに色を塗った生き物のタマゴが現れます。

そのタマゴに手をかざし、タマゴをかえすと生まれた生き物がアマモリウムの中を泳ぎ出します。

バックヤードツアーなどオプションプログラムも人気!

バックヤードツアー

http://www.uminomori.jp/umino/event/charge.html

普段は見ることができない、水族館の裏側をスタッフと一緒に探検するツアーが人気です。入館前の予約はできませんが、入館後すぐに受け付け可能ですので、来館の際にはぜひ申し込みをしてみてください。

2018年7月13日までは1日2回、11時と13時半からとなっており料金は1人500円。

バックヤードツアーの他にも、「イルカタッチ&フォト」やツメナシカワウソと握手ができる「カワウソとアザラシのツメツメツアー」など、さまざまなオプションプログラムが用意されています。

オプションプログラムは、季節により開催時間がかわりますので、こちらから最新情報をチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、仙台うみの杜水族館の中でも人気の展示や、体験プログラムなどをご紹介しました。

水槽の展示を見るだけではない、水族館の楽しみ方は他にもたくさんありますので、遊びに行った際にはぜひともさまざまなプログラムを体験してみてください。

名称 仙台うみの杜水族館
住所 宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6番地
電話番号 022-355-2222
営業時間 9:00〜18:30 *季節によって営業時間に変動があります。
定休日 年中無休
平均予算 大人2100円・中高生1600円・小学生1100円・幼児600円・シニア1600円
クレジットカード
利用の可否
利用可(チケット売り場のみ)
最寄駅 中野栄駅
行き方について 中野栄駅南口より中野栄駅前交差点で国道45号線を横断しそのまま直進。 出花交差点で県道10号線(産業道路)を横断し、次の交差点を右折。
駐車場の有無 有り
駐車場に関するコメント 駐車場800台